2020年7月24日 (金)

今朝のアカバナー

Dscn6135

お久しぶりのブログ。

五日前に我が家の一員になった真っ赤なアカバナー。今朝はなんと3輪も咲きました。

お店には何種類かの色がありましたが、真っ赤が大好きなのでこれを買いましたが正解ですね。

これを見ると、八重山、石垣島、沖縄本島を思い出します。約10か月行ってないけど、八重山元気かな?

やなわらばーのお二人も元気かな?

優里英ちゃんも元気かな?

こずぴーも元気かな?

では。

| | コメント (0)

2020年3月 6日 (金)

奄美群島旅行日記~加計呂麻島へ

さて、2019/12/26、初の加計呂麻島へ出発

Dscn5995

ちょっと、写真は横むいてますが、古仁屋港から乗る「フェリーかけろま」です。

朝10:20発。行先は瀬相港。25分かかります。レンタカー(軽)を積んだので料金は5950円(RT)。

Dscn5996

先頭だったので、乗ってきた車が下に見えます。

Dscn5999

船室はこんな感じ。結構大きな船です。離島だからと軽く見てはいけません。大変強風で、デッキに出た女性のスカートがふわーとめくれてあわてて手でおさえていたくらいでした。

Dscn6004

古仁屋港内で、グラスボートもいました。

Dscn6007

無事加計呂麻島に着きました。早速車でドライブ。休憩。

Dscn6008 Dscn6010風景です。

Dscn6011中学校の風景です。

Dscn6013標識です。

Dscn6014

標識続く。

Dscn6015

実久海岸です。しかしながら、やっぱり冬来ても・・・・寂しいです。

Dscn6020

Dscn6022 Dscn6023 Dscn6024 Dscn6025

加計呂麻島の風景です。

押角、スリ浜、於斉などの字が見えます。

どんな離島でも人が住んでいる島にはたいてい郵便局はあります。えらいもんです。

計画もなく行き当たりばったりに島を走ると、時間が無くて、帰りのフェリーはぎりぎり。

池間(いけんま)港を16:30発のフェリーに乗って古仁屋港に戻りました。

そのあとは、嶺山公園、大浜海浜公園を経て、名瀬市街地のホテルに。

夕食は「むちゃかな」でした。初めてでしたがとても感じの良い店でした。店員さんの若い女性もとても素直そう。

途中で、大島高校を卒業して間もない若い女性二人組が僕の隣(カウンター席でラッキー)に座ったのでしばし歓談。

なんでも正月に成人式があり、その参加のために帰郷した!

年末年始は毎日同級生他いろいろな人たちとワイワイ話し、グイグイ飲んで楽しむそうだ。さすが、離島の楽しみ!

で、彼女たちとも別れて、翌日は岐路につく日。

12/27(金)、蒲生崎観光公園(道が驚異的に狭く!)は途中で断念し、土盛海岸を見てからレンタカーを奄美空港横のお店に返却しました。

軽自動車さん、ありがとう!

とても古い車でオドメーターが借りたときは133,971km。

返したときは134,399km。

つまり、三泊4日の旅で428kmも走ったことになる。よく走ってくれたよ、EKワゴンさん、ありがとう。

これで初の奄美旅行日記も終わりです。

| | コメント (0)

2020年2月26日 (水)

奄美旅行日記12/25 ホノホシ海岸とか

さて、高知山展望台。周囲には、ヒカゲヘゴ?がいっぱい。

 

Dscn5947

海の向こうは加計呂麻島です。

Dscn5951

ヒカゲヘゴ?

Dscn5953

ハブのイラストが何となく?可愛い。

Dscn5954

ただし、駐車場にあるトイレが大変汚い。これはいけません。

Dscn5959

ふもとに降りてきて、瀬戸内町役場です。兵庫県民からすると、瀬戸内って、ここでも言うの?と思いますが。

Dscn5962

マネン崎展望広場です。

Dscn5965

夕日ですね。やはり向こうに見えるのは加計呂麻島です。

Dscn5970

ハートが見える風景。ほんまか?

Dscn5971

うーむ・・・・。どこがそうなのか。かなりへしゃげたハートやな。

Dscn5972

ちなみに、東屋がある。カップルがここに座ってハートでも見るのか?

Dscn5974

ヤドリ浜。

Dscn5975

このような階段を降りると、

Dscn5976

海水浴場のようや。とりあえず、この12月には関係ない。

Dscn5978

ホノホシ海岸にまで来た。ここまで遠かった。

Dscn5979 Dscn5987

とにかく丸こい石だらけ。これはすごい。

Dscn5985

波が強くて、岩の割れ目に突入した大波がザンブと暴れ、潮を吹き出す。

Dscn5988

とにかく雄大な浜です。

Dscn5989

ホノホシってどうゆう意味かな。

Dscn5990

この日最後は、アランガチの滝です。

宇検村ですね。

Dscn5992

ちょっと奥まったところです。道も狭いし、こんなところ自分くらいしかこーへんで、と思っていたら、若い女性二人組が来ました。びっくり。

この日はこの後は名瀬市街地に戻り夕食は「てげてげ」さんでとりました。結構おいしかったです。

で、12/25も終わり。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

かんころ奄美旅行2日目~おがみ山

Dscn5940

さて、12/25。名瀬のおがみ山に登った。理由は展望が良いとのガイドブック?から。

 

歩き出すと、僕よりも若干年下?の女性と一緒になり、頂上まで登った。上には人が大勢いた。

この人たちは、実は奄美群島が戦後に本土復帰を果たしたことのイベント参加者だった。毎年12月25日はそういう日だったのだ。一緒に登山した女性は県立奄美図書館に勤めていると言っていた。

沖縄から、那覇市会議員さんも来られていて挨拶された。前泊美紀さんという小柄な方。昭和47年生まれの沖縄復帰っ子とのこと。

二十数名+部外者?一人となり、イベントに参加した。代表さんと前泊さんの挨拶の後、司会さんから僕も挨拶をしてはどうかと向けられ、ずうずうしくもしゃべってしまった。この時、奄美新聞と南海日日新聞の記者さんが居合わせ、取材を受けた。しゃべったことがそっくりそまま翌日の新聞に載ってしまった。当然のごとく、新聞は買いました。その節は皆さまありがとうございました。

 

Dscn5941  さて、車をは知らせて、次は高知山展望台。続く。

Dscn5944

 

Dscn5943

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

かんころ奄美日記初日のつづき

Dscn5924

初日が続く。里の曙さん、黒糖焼酎のメーカーさんです。ここにふらっと立ち寄った。すでに工場見学受付の時間が過ぎていたのになんと若い可愛い女性従業員さんがマンツーマンで付いてくれた。なんと親切なの。

Dscn5925

思っていたよりも近代的でした。ありがとうございました。

Dscn5928

いよいよ市街地に来て、ホテルにチェックインも済ました。散歩する。屋仁川を渡る。

Dscn5931

港には小さい船があった。

Dscn5932

屋仁川だが、このように川の上に床を張って駐車場を設けているのは自分的には好きではない。川の本来の役割は上流からの水をスムーズに海に届けるためである。不要なものが流れてきたらキチンと清掃しなくてはならない。人がおぼれたら救わないといけない。堤防が痛んだら修復しないといけない。光を川の底まで届けて生物とかバクテリアとかを育てないといけない。それらすべてを邪魔する構造物を造っているとしか思えない。第一、大洪水が発生したらこれらは壊れるのではないか。みみっちくてかっこ悪くも思える。

Dscn5935

夕食は三味線が聴ける店を選んだ。吟亭。コース料理のみ。

Dscn5937 Dscn5938

女将さんは地元では有名な唄者さんらしい。女子高校生と思われる可愛い女性が唄三味線をしてくれました。みさとちゃんとか言ってましたね。みしょらんガイドに乗っている写真の子は「ことのちゃん」とかという情報が2日後に得られましたが。

三味線の島唄はやはり高音です。右手には水牛の爪はありません。竹串のような長いもので弾きます。最後は「ワイド節」だったかな?踊りました。

石垣島では、こういった料理店で女子高生がお仕事をしている(家族であるとか、お金をもらっているいないとかは関係なく)ことは無いはずですが、ここではあるようですね。まあ、僕みたいなおじさんには嬉しいですが。

初日の日記はこれで終わりです。

 

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

かんころ奄美日記続き

Dscn5884奄美大島の笠利崎灯台から海を見下ろす。

Dscn5885 Dscn5890

本当にいい眺めです。

Dscn5892灯台の玄関です。

Dscn5897で、降りていく途中です。階段が現場打コンクリートですね。

Dscn5903今時は、スマートフォンで読み取れるように二次元バーコードまであります。

一昔前なら灯台にこんなのありますか。時代ですね。

Dscn5907近くに、竜宮城にまつわるモニュメントがあります。

Dscn5906公衆便所もあります。

Dscn5908丁寧な注意書きです。

Dscn5909最近サボっていた、トイレの画像。

Dscn5912これまた、丁寧です。

Dscn5914続いて向かった先は奄美パーク。人は少ない。館内の人(コンパニオン風?)が親切でした。

奄美の歴史、三味線を使った島唄のビデオとか。奄美シアターで島の紹介ビデオが上映されて、その中で踊りと歌が沖縄の「とうしんどーい」ににているのがあった。琉球文化は一緒なのだ。そのことをコンパニオンさんにいうとそうなんだと言われ、後にすれ違った時もニッコリ会釈された。本当に奄美の人は人懐っこい。ここの2階食堂で食べたのが・・・・・。

Dscn5916鶏飯です。初めて食べましたがどことなく懐かしい味です。

Dscn5917具材を入れてダシを掛けた。

Dscn5918室内。残念ながらお客さんはあと一人くらい。

Dscn5919

ところで、ここの入館料(奄美の郷)は310円なんですが、田中一村記念美術館と併せると630円だそうだ。

受付の綺麗なお姉さんにその説明を受けたが、僕は田中さんを知らないから興味もなく、奄美の郷だけにした。

後で知ったが、田中一村さんは奄美では有名な人物らしい。しかし、僕は申し訳ないが絵画・彫刻・陶磁器・古美術品等に一切興味が無い人間なのだ。

Dscn5920次に行ったのが、奄美大島紬村。

Dscn5921ここは、さらに輪をかけて人がいなかった。が、「お買い物ですか?見学ですか?」と係の若い女性に聞かれて、買い物だけじゃあるまいし550円を払って入館した。

すると、なんと僕に先ほどの女性がマンツーマンで付いてくれて、大島紬の製作工程を順にすべて説明してくれたのだ。あいさつを「うがみんしょーら」なんて言ってました。

最後はお土産とか奄美大島紬の販売コーナーに案内されました。ここでも上品かつ色っぽいお姉さんに「どうですか?」と勧められましたが、僕はすみませんが物欲がないんですよと言うと、あっさりとどこかへ行かれました。ごめんね。

Dscn5922帰り際入り口をパチリ。

旅行初日からハードに動くがこれもレンタカーがあるから。

つづく

 

| | コメント (0)

2020年1月10日 (金)

初の奄美

2019年12月下旬 沖縄、八重山が好きなのでいつも頭を飛び越えてばかり・・・の奄美大島に初めて行ってきた。

Dscn5868これは経由地鹿児島空港でこれから乗る飛行機。

Dscn5872

奄美空港に着陸する寸前。

Dscn5874奄美空港。初めてなのでまずは眺める。

Dscn5877旅行会社のツアーなのだが、フリープランなので観光はすべて自分がしないといけない。だから、レンタカーは事前にWebで予約しておいた。空港のすぐ目の前のお店で格安軽カー。それも中古車だ。三日間、ちょうど72時間借りてしかも保険もすべてつけて8600円という安さ。これはありがたい。一人だと軽で十分。

Dscn5879Dscn5880

本土から旅行ガイド(まっぷる)を持ってきたが、空港内でテイクフリー(無料)の島マガジンを数冊いただいてまずは旅行がスタートした。

行った先は「あやまる岬」。よく旅行プランに聞く名所なので期待していた。実は最初に「土盛海岸」を見るつもりが、すっとばしてここに来てしまった。

Dscn5881

ここにはこのような円形のカフェ?みたいのがある。海岸もずっと見渡した。きれいなことは間違いない。でも、今まで八重山で玉取崎とか平久保崎、御神崎、ニシ浜等をさんざん見てきた自分には、なんてことない景色に思えたのは事実。

やっぱり、最高に美しい八重山を経験してから奄美に来てもなあ~なんて思いながら、でも来たからには奄美を楽しむぞ!と思った頃かな。

Dscn5883

せっかくレンタカーがあるので行くぞ、行くぞ。奄美大島北部の灯台へ。この続きはまた。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

奄美大島に行ってきました

先日、奄美大島に行ってきて無事に帰ってきました。なんと、奄美は初めてです。

離島は加計呂麻島だけ行きました。

奄美群島

1st 2019/12/24~12/27 奄美大島1・・・・・・・・・NEW!

   2019/12/26 加計呂麻島1

沖縄旅行歴:

「沖縄県全域まとめ」

36th 2019/9/10~9/17 石垣島26

35th 2019/3/20~3/24 石垣島25

34th 2018/7/27~8/1 石垣島24、黒島3

33th 2017/11/2~11/7 那覇市23、石垣島23

32th 2017/3/17~3/21 石垣島22、竹富島17、小浜島3

31th 2016/9/9~9/19 那覇市22、石垣島21

30th 2015/9/18~9/29 石垣島20、竹富島16

29th 2014/9/5~9/15 石垣島19、西表島(船浮・網取・崎山)8、鳩間島3

28th 2014/7/25~7/28 那覇市21、沖縄市、古宇利島2、海洋博公園

27th 2014/3/14~3/17  石垣島18、竹富島15

26th 2013/9/14~9/23 那覇市20、石垣市17、波照間島4、竹富島14

25th 2013/7/25~7/28 那覇市19、沖縄市

24th 2012/9/13~9/17 那覇市18、石垣島16、竹富島13

23th 2012/7/25~7/30 那覇市17、うるま市、沖縄市

22th 2011/12/22~12/26 那覇市16、読谷村、うるま市、恩納村、久米島1

21th 2011/9/9~9/18 那覇市15、石垣島15、竹富島12、与那国島4、西表島上原・白浜・船浮・大原7

20th 2011/3/18~3/22 那覇市14、石垣島14、竹富島11、波照間島3

19th 2010/12/12~12/14 那覇市13、沖縄市、名護市、古宇利島1、今帰仁村、南城市、糸満市=妻と1st

18th 2010/9/17~9/26 那覇市12、石垣島13、竹富島10、西表島上原・住吉6

17th 2010/3/19~3/23 那覇市11、石垣島12、竹富島9

16th 2009/9/17~9/27 那覇市10、石垣島11、竹富島8、小浜島2、多良間島1

15th 2009/2/27~3/3 那覇市9(首里城、識名園=長男と)、石垣島10、与那国島3、西表島上原5、由布島、波照間島2、竹富島7=長男と2nd

14th 2008/9/12~9/23 那覇市8、漫湖公園、海洋博公園等ツアー、石垣島9、鳩間島2、与那国島2

13th 2008/6/27~6/30 那覇市7、漫湖公園、西原町マリンパーク、宜野湾市コンベンションセンター

12th 2008/2/29~3/4 那覇市6、宮古島1、伊良部島1、下地島1、来間島1、池間島1、大神島1

11th 2007/9/7~9/20 那覇市5、うるま市勝連半島、津堅島1、石垣島8、西表島白浜・船浮4、黒島2

10th 2007/6/22~6/25 那覇市4、名護市、本部、宜野湾市、伊江島1

9th 2007/2/16~2/18 石垣島7、西表島上原・船浦3、竹富島6

8th 2006/12/8~12/11 那覇市3、首里城、識名園、南風原町、知念村、斎場うたき、沖縄市

7th 2006/9/9~9/18 那覇市2、宜野湾市、南風原町、石垣島6、鳩間島1、黒島1

6th 2006/5/12~5/16 石垣島5、波照間島1、竹富島5

5th 2005/9/8~9/14 石垣島4、西表島上原・浦内2、竹富島4=長男と1st

4th 2005/7/1~7/3 那覇市1、北谷、残波岬、沖縄市、平和祈念公園、ひめゆりの塔

3rd 2005/5/19~5/23 石垣島3、与那国島1、竹富島3

2nd 2005/2/19~2/23 石垣島2、竹富島2、西表島上原・浦内1

1st 2004/12/4~12/8 石垣島1、竹富島1、小浜島1

 


久米島=①2011/12/24~12/26(宇江城城跡、畳石、ミーフガー、イーフビーチ等)

伊江島=①2007/6/23~6/24(タッチュー他島全般)

津堅島=①2007/9/8~9/9(トゥマイ浜他島全般)

宮古列島

宮古島=①2008/3/1~3/4

池間島・大神島=①2008/3/3

来間島=①2008/3/2

伊良部島・下地島=①2008/3/1~3/2

多良間島=①2009/9/26 (日帰り多良間島八月踊り初日)

 

その他旅行歴(最近の分のみ):

③和歌山市白浜 2010/11/23

②和歌山県南紀 田辺、中辺路、本宮大社、速玉大社、新宮、那智大社、串本

 2010/7/19~20(妻と)

①和歌山県南紀 串本、太地 2007/5/12~5/13(妻と)

 

五島列島福江島里帰り歴:

⑤2017/7/8~7/14(1人):福江島

④1996/8/10~8/16(家族)

③1974/12/24~12/28(弟と)

②1970/3/25~4/2(父、兄と)

①1965/7月~8月(母、兄弟と夏休み長期滞在)

 

次回からこの旅行記かきます。では。

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

石垣島日記 4日目(20190913)~最終日までです

さて、石垣島も四日目に。朝一でフサキリゾートホテルのビーチに出かけた。そこで急遽シュノーケリングツアーを申し込んで楽しんだ。

2時間弱?で六千円というお値段。僕のほかには若いカップルがいた。

 

Dscn5786バイクで北上し、野底岳に登った。林道がちょうどいいところにあるから、そこにバイクを止めればよい。10~15分かかって頂上。誰もいないかと思っていたら、人の気配。40歳くらいの女性が頂上に一人でいた。涼しいでしょうなんて世間話で雰囲気を和らげて、聞くと明日は波照間島に行きたいと言う。それだったらとアレコレ話をした。彼女はとても肌の色が白いので聞くと、北海道の人とのこと。

道理で白いはずやと言ってはずんだ。

Dscn5788

これも頂上。まーぺーさんともお別れして下山です。

夜は、アートホテルのゆいぐくる(結心)コンサートを観た。ヨネさんちでした。

さて、ついでに5日目もかきましょう。9/14(土)です。バイクに乗って八島の人口島に行きました。人口のビーチがあり、近づくと係の人から声をかけられた。いや、海には入りませんよと返事をしました。

Dscn5792

Dscn5794

島の端っこまで行くと立ち入り禁止でした。

Dscn5799

さっきのビーチの画像。家族連れが二組くらい居ましたね。

Dscn5802

さて、御願崎の灯台です。久しぶりです。かれこれ10回は来ていますね、きっと。

Dscn5806

海が荒々しく、綺麗なんですよね。昔悲劇が起こったなんて嘘のようです。

Dscn5808

かつてボロボロだった手すりも改修されています。

Dscn5809 Dscn5810

でした。

Dscn5813

その帰り、崎枝のパーラー屋さんによりました。

ジュースとかジェラートが売ってます。久しぶりで、その時の女主人さんに会いたかったけど、出てきたのはよく似た若い人。

ん?聞くと、娘さんでした!

母親と娘はたいがい似てますが、ほんとにそっくり。体型も!ちなみにぽっちゃりです。

この後バイクも返却し、この日は終わり。

六日目はとくになし。というか、本当は「じゃじゃまるツアー」で西表島を遊びたいと予約したのですが、海が荒れていて向こうさんから中止の連絡が入り予定がなくなったのです。いやー卓さんに久しぶりに会えるかと多少は期待していたんですが。

七日目。市街地を散策

Dscn5814

これは石中(石垣中学校)のあたり。年中行事が書かれていて、いいなあ。情報公開ですね。

石中のブラスバンド部は演奏上手ですよ。

Dscn5815

てくてく歩きました。なんせ歩くしか方法がない。

で、翌9/17は七日目ですが、八重山を出発する日です。

ということで、今回の(通算26回目の)八重山旅行も終わりました。

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

石垣島日記2019SEP.三日目

Dscn5758さて、旅行3日目は、「尾本だけ」(変換するとこうなる)じゃなくて「於茂登岳」に登った。

Dscn5759頂上の写真だけしかないが、これには理由があり、とにかく途中の登山道がひどかった。道幅は極端に狭い。両方から雑草とか笹が覆いかぶさる。道は崩れている。途中誰にも遭遇しない。頂上で施設を管理する人に声をかけられてホッとした。

聞くと昨年か2年前くらいの大雨で道がひどくなったそうだ。皆さんも登らないほうがいい。

Dscn5763頂上も草が多い茂り、視界は最悪。もう二度と登らないことに決めた。Dscn5779通信設備の施設。

Dscn5782登山道口まで戻ってきた。

Dscn5783

頼りになる相棒、50CCのレンタスクーター。

自分は時速30km以内を順守してますが、ほとんどの人は守ってなくて、同じ50CCの若い女性(に限りませんが)にスーと抜かれたりします。

今日はこの後はバンナ公園へ行って、730付近の焼き肉屋で夕食をとりました。三日目も終わりました。続く

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

2019とぅばらーま大会(石垣島)鑑賞

Dscn5750

さて、9月11日(水)とぅばらーま大会を観ました。これが今回の旅行の大、大、大目的。

Dscn5751

色々な参加者がいました。僕の中で、一番将来性があって一番可愛かったのは宮根帆音(みやねほの)さん。なてたって八重高1年生。

この子の時は、クラスメートと思える制服姿の女子高校生が大勢座って応援していました。若いっていいなと思いました。

そしてチャンピオンになったのは20代の東さん。全23組の唄は月夜に響き渡りました。

Dscn5755いいですね。

新栄公園は夜風も涼しく良かった。

旅行2日目の日記はこれで終わり、続く。

 

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

マスターズGCレディースゴルフ 3日目

Dscn5820昨日(10月26日 土曜日)再び行ってきました。

朝6時15分ごろにギャラリー駐車場に入ったころは、もうすでに人がいっぱい。皆さん早い!

入場ゲートに入るのにも並ぶ!

7時から昨日の残りの第二ラウンド続きを行ったのでこれを観た。各組がそれぞれのホールに待機して、時刻に一斉スタート。

結果が出て、9:30から第3ラウンド。印刷機がフル回転したんでしょうね。大慌ての感のある組合せ表をもらいました。

50位タイまでということでしたが、きっちし50人。

僕はやはり大好きな?1番ホールの第2打点付近に座り込む。

と、やっぱり飛んできた!ボールが。

まず1組の勝みなみちゃん。左に大きく曲げてカート道を超えてギャラリーさん群へ。昨日もたしか・・。自分はセーフ。

3組の穴井詩さんは飛ばし屋だけに要注意です。ティーを打った直後、周囲の人が「こっち来た!ワー」と声が上がり、頭を抱える、僕も同じ態勢。

次に瞬間、ボールが僕の頭上を越えて8m左の密集地に落下。幸い奇跡的に誰にも当たらず。現れたキャディーさんには「ギリギリあたらんかったよ」と言ってました。

誰かが「ここはデインジャラスゾーンやな!」と言っていた。まさに。

6組は有村さんとユンチェヨンさん二人がやってくれました。有村さんはカート道の外の斜面。僕の6mくらい右に落ちました。

ユンさんはギャラリーさんの足元に落ちましたが多分、人には当たってません。カート道の内側でマシな方です。

8組目はシブコさん登場です。イヤな予感(笑い)が的中し昨日に引き続き飛んできました!よっぽど左に曲がるんですね。

僕の2mくらい右前のカート道に直接落ちて、ワンバウンドで10mは飛び斜面のギャラリー群に落ちましたが、これまた人には当たらず。

ということで、9組27人中、5人の打球がこっちに飛び込んできました。やっぱりここは「真の危険地帯」です。

ところで、この日はテレサさんが猛爆発し首位に。

ギャラリーさんはシブコさんの組と、イボミさんの組に集中し、後の組は「ゆうゆうとのんびり」観戦できました(笑い)

個人的には稲見さんにVを期待してます

というのも、彼女は笑顔がとても素敵なんですよ。

ということで、今頃は最終日がスタートしてますが、僕は今日はテレビ観戦します。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

マスターズGCレディースゴルフ2019 2日目

Dscn5817先ほど、ゴルフの試合を見て帰宅しました。

午前中の大雨で試合が開始早々中断し(約3時間)、スタートが遅い組は終了せず。

日没サスペンデッドの時刻が、僕の時計では17:35。

18番ホールでは5組(15人)が終了してません。おそらく9番ホールでもそのくらいはいるでしょう。

最期のあたりは、スタンドから見てもグリーン上のボールが見えません。

隣の人も「選手の顔がわからん、ボールはどこだ?」と言っていた。

ところで、1番ホールの第二打地点にいたのですが、ここは「ボールの落下地点です、ご注意ください(趣旨)」

の説明がある有名な?ところです。

僕は直撃が怖いので最前列は止めていたのですが、その最前列の人に、シブコさんのティーショットが直撃したのです。

ほんの3mほどしか離れていません。

幸いその方は左胸だったので無傷だったようです。良かったですが、頭部に直撃なら大ごとでした。

いきさつの詳細はこうです。

再開はしたのですが、この時はまだ雨が降っていました。雨にかすんで、飛んでくるボールがよく見えません。

晴れていれば「こっちに飛んできた!」と言って避けられるのですが。

おそらく、というか誰も選手のボールがよく見えない状況で、その方も突然左胸に「ドスン」とボールを受けたのです。

一瞬、みんなも「だれかに当たったな?」と思ったその後、ボールが跳ね返ってフェアウェイ方向に20mくらい転がっていったのです。

周囲の人がその男性に「あたったの?」と聞くと、そうだ、ということです。

口々に「あんたに当たってなかったら、ボールはもっと向こう(カート道よりももっと向こう)に行っていたで。あんたのおかげや」と言ってました。

やってきたシブコさんはキャディーさんを通じてそのことを知り、謝罪したうえでゴルフボールにサインしてあげたのです。

その方に、僕も後でサインボールを拝見したのですが、記念にはなりますが、本当に「頭に直撃」でなかった幸い、さらに、左胸に当たりましたが、斜めの方向だったので衝撃も和らいだのでしょう。

実はこの1時間ほど前は、トップアマチュアーの安田さんのボールもこの「危険ゾーン」のカート道に転がって来ましたよ。

それは僕が座っていた1m前でした(汗)

ではでは。

 

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

石垣島2日目

Dscn5729石垣島サンセットビーチ。民間が運営しているビーチである。駐車料金が必要。こっちはバイクなので近隣に停めて歩く。

Dscn5736岩が侵食された半分洞窟?みたいなところでヤシガニ発見。

Dscn5739足だけを見せてじっと隠れていた。

Dscn5746頭でっかちな岩が海に立っている。

Dscn5747さらに北上して平久保崎まで来た。ここも数えきれないくらい来ている。丘の上は「危ないから登らないでください」みたいな看板があるが、昔はそんなの無くて平気で登っていた。そして、実際何も危なくない。こんな見晴らしのいい丘を開放しなくて何のための行楽地か。石垣市が関係あるならぜひ再考してほしい。

Dscn5748はい、平久保崎灯台。まさに絶景です。この日はレンタカーも多くて、すぐ下の駐車場にも車が。やはりバイクは便利です。

この後は、島を反時計回りで走り、市街地にバック。続く。

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

半年ぶりの石垣島9/10から9/11

Dscn5726

かれこれ26回目の石垣島。初日はお友達に会ったり、ホテルのチェックインして、夕方からは登野城アコウの木の下での「なかどぅみちぬとぅばらーま祭」を観た。

日がまだ明るい頃からスタートする。最初に石垣市長の中山さんの挨拶もある。

ガイドブックには「とぅばらーまの本大会」に出られない人(素人の意味)が自由に気軽に歌い、飛び入りもOK!

などとあるが、本気でそう思っていたらトンデモナイことになる。かつてはそうだったようだが昨今は違う。

出演する人はあらかじめ順番が決まっていて、MC(いつも河上さん)が紹介するから分かる。

さらに出演者も明日の本番に備えて「リハ」代わりに出る人が数人、昔から鳴らしていいた人、などなど。結構お上手な人ばかり。

衣装も、本番とさほど変わらない人ばかり。いやぁ気軽に半パンで来ました、歌詞なんやったかな?なんて人はいない。

さて、翌日になり、写真は玉取崎のあまりに有名なアングルの一枚。レンタバイクを借りてやって来た。自分は運転免許の制約で50CCしか運転できないので市街地からここまで結構遠い。時速30km/H以内をしっかり守っているから。

はっきり言って、もう来る必要もないくらい来ている。

しかし、バイクを借りた以上、道すがら通り過ぎるにはしのびない、そんな雰囲気。

Dscn5728

その展望台付近のあかばなー。ちなみに観光客は明らかにアジア系の人が多数。

続く。

 

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

石垣島に行ってきました

先日、石垣島から本土に帰ってきました。石垣島は26回目です。

今回も離島は無し。

沖縄旅行歴:
「沖縄県全域まとめ」

36th 2019/9/10~9/17 石垣島26・・・・・・・・・・・NEW!

35th 2019/3/20~3/24 石垣島25

34th 2018/7/27~8/1 石垣島24、黒島3

33th 2017/11/2~11/7 那覇市23、石垣島23

32th 2017/3/17~3/21 石垣島22、竹富島17、小浜島3

31th 2016/9/9~9/19 那覇市22、石垣島21

30th 2015/9/18~9/29 石垣島20、竹富島16

29th 2014/9/5~9/15 石垣島19、西表島(船浮・網取・崎山)8、鳩間島3

28th 2014/7/25~7/28 那覇市21、沖縄市、古宇利島2、海洋博公園

27th 2014/3/14~3/17  石垣島18、竹富島15

26th 2013/9/14~9/23 那覇市20、石垣市17、波照間島4、竹富島14

25th 2013/7/25~7/28 那覇市19、沖縄市

24th 2012/9/13~9/17 那覇市18、石垣島16、竹富島13

23th 2012/7/25~7/30 那覇市17、うるま市、沖縄市

22th 2011/12/22~12/26 那覇市16、読谷村、うるま市、恩納村、久米島1

21th 2011/9/9~9/18 那覇市15、石垣島15、竹富島12、与那国島4、西表島上原・白浜・船浮・大原7

20th 2011/3/18~3/22 那覇市14、石垣島14、竹富島11、波照間島3

19th 2010/12/12~12/14 那覇市13、沖縄市、名護市、古宇利島1、今帰仁村、南城市、糸満市=妻と1st

18th 2010/9/17~9/26 那覇市12、石垣島13、竹富島10、西表島上原・住吉6

17th 2010/3/19~3/23 那覇市11、石垣島12、竹富島9

16th 2009/9/17~9/27 那覇市10、石垣島11、竹富島8、小浜島2、多良間島1

15th 2009/2/27~3/3 那覇市9(首里城、識名園=長男と)、石垣島10、与那国島3、西表島上原5、由布島、波照間島2、竹富島7=長男と2nd

14th 2008/9/12~9/23 那覇市8、漫湖公園、海洋博公園等ツアー、石垣島9、鳩間島2、与那国島2

13th 2008/6/27~6/30 那覇市7、漫湖公園、西原町マリンパーク、宜野湾市コンベンションセンター

12th 2008/2/29~3/4 那覇市6、宮古島1、伊良部島1、下地島1、来間島1、池間島1、大神島1

11th 2007/9/7~9/20 那覇市5、うるま市勝連半島、津堅島1、石垣島8、西表島白浜・船浮4、黒島2

10th 2007/6/22~6/25 那覇市4、名護市、本部、宜野湾市、伊江島1

9th 2007/2/16~2/18 石垣島7、西表島上原・船浦3、竹富島6

8th 2006/12/8~12/11 那覇市3、首里城、識名園、南風原町、知念村、斎場うたき、沖縄市

7th 2006/9/9~9/18 那覇市2、宜野湾市、南風原町、石垣島6、鳩間島1、黒島1

6th 2006/5/12~5/16 石垣島5、波照間島1、竹富島5

5th 2005/9/8~9/14 石垣島4、西表島上原・浦内2、竹富島4=長男と1st

4th 2005/7/1~7/3 那覇市1、北谷、残波岬、沖縄市、平和祈念公園、ひめゆりの塔

3rd 2005/5/19~5/23 石垣島3、与那国島1、竹富島3

2nd 2005/2/19~2/23 石垣島2、竹富島2、西表島上原・浦内1

1st 2004/12/4~12/8 石垣島1、竹富島1、小浜島1

 


久米島=①2011/12/24~12/26(宇江城城跡、畳石、ミーフガー、イーフビーチ等)

伊江島=①2007/6/23~6/24(タッチュー他島全般)

津堅島=①2007/9/8~9/9(トゥマイ浜他島全般)

宮古列島

宮古島=①2008/3/1~3/4

池間島・大神島=①2008/3/3

来間島=①2008/3/2

伊良部島・下地島=①2008/3/1~3/2

多良間島=①2009/9/26 (日帰り多良間島八月踊り初日)

 

その他旅行歴(最近の分のみ):

③和歌山市白浜 2010/11/23

②和歌山県南紀 田辺、中辺路、本宮大社、速玉大社、新宮、那智大社、串本

 2010/7/19~20(妻と)

①和歌山県南紀 串本、太地 2007/5/12~5/13(妻と)

 

五島列島福江島里帰り歴:

⑤2017/7/8~7/14(1人):福江島

④1996/8/10~8/16(家族)

③1974/12/24~12/28(弟と)

②1970/3/25~4/2(父、兄と)

①1965/7月~8月(母、兄弟と夏休み長期滞在)

 

次回からこの旅行記かきます。では。

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

琉球フェスティバルat Osaka Bententyou

Sunday,July 14

大阪弁天町に行ってきた。

Dscn5648

大東人(だいとんちゅ?)でいいのかな。

なんと二十歳と18歳のうないだそうです。

童神とヒヤミカチブシなどなどをご披露してくれました。とても早弾きの三線が良かったです。

また、童神はもちろん「うちなーぐち」です。

Dscn5649 Dscn5651 Dscn5650

やなわらばーのお二人です。今回の主目的はこのお二人のお元気な顔を見ることでした。

拝啓〇〇さん、「花」などなどを優ちゃんの三線、梨生ちゃんのギターで歌ってくださいましたよ。

優ちゃんの澄み切った歌声は健在でした。パワーももちろん。

梨生ちゃんは今は大阪に住んでいるってことは、営業があるときしか優ちゃんと一緒にいないってことかな?

「私たちもうすぐ解散なんです!」って明るく笑ったからなのか、誰も「えー!」と言わず終始にこやかなライブでした。

この後は、D-51さん二人のライブでした。昔から知っていたお名前でしたが、正直ちゃんと聴いたのは初めて。

「ノーモア クライ!」と叫ぶ?歌が大変ヒットしたのは随分と昔ですね。関西~那覇をJTAの飛行機に乗りながらイヤホンで聞いたな。懐かしい。この日もそのノーモアクライ!聞けました。

 

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

平成31-3/23石垣島日記

Dscn5552

明けて3/23(土)、路線バスに乗って白保東で下車。浜辺に向かった。夏ならシュノーケリングでもすれば最高の海なんやけど。

Dscn5553海から集落に戻るにはこうしたパスを通る。

Dscn5555

あんまり良い天気ではなかった。

Dscn5558

久しぶりにセルフタイマーで写ってみた。自分の姿に特別自信があるわけではない。ただ、実際に白保に来たという証拠を見せるだけである。

Dscn5559

白保西のバス停近くにウリカー(降り井戸)があった。

水道がない時代はカー(井戸)は貴重な存在であっただろう。

Dscn5560

白保の街中である。

Dscn5561

これもそう。面白い玄関。

Dscn5563

まるやさんであるが、屋根は三角形である。

Dscn5564

さすが、白保である。表札の下は「屋号」なのか。こういった二段書きの表札が多い。

Dscn5565

新しい空港が何年か前に白保の先に出来て、路線の通り道になったものだから便数が一気に増えた。

これだけバスが走ると、市街地のスーパーに行くのも便利だろう。車がなくても生活できるかもしれない。

便利な石垣島になったものである。

その後、バスに乗り市街地に戻った。

お昼は銀座食堂で八重山そばとオリオンビール生をいただき、真澄さんとゆんたく。

ここで、門口さんという男性と知り合えた。たしか横浜の方だそうな。

石垣島に来るたびに新しい出会いがある。いちゃりばちょーでーさぁ。

Dscn5566

夜はアートホテルのロビーコンサートっを観た。

僕の知識不足で知らない人でしたが、なかなか感じのいい女性でずっと観察?していると、「かんころさん、こんばんわ」と声がかかった。

みると、聡くんである。これだから石垣島ではおちおちとボーとしておれない。

彼の説明では、女性は一つ年下のよへなひさこ(漢字はわかりません)さんとのこと。じゃあ、38歳ってことか、その割には若いなぁ。キーボード奏者はいらみねかずこさんとのこと。

Dscn5568

聡くんの説明がなかったら、よへなさん30代前半にしか見えません。

翌日、飛行機で関空に行ったので、これで今回の日記も終わりです。

収穫は、初日にかりゆしウェアを二着買ったことか。

三虎さんは閉店になっていたけど「やふぁやふぁ」さんがオープンしていた、慶田盛さんちばりよー。

そうそう、サンエーで伊江島のピーナッツ糖の大袋(450g入り、638円消費税別)を5個買った(笑)。ちょっと割安やもんな。

でも、レジで「お土産ですね」ってバレバレやん。

ちなみに通常サイズ(180g)は内地の沖縄物産展では380円くらいはするから、ちょっとどころか、かなりお得です。

ゆらてぃく市場では島バナナとピーチパインを買った。石垣島のパイナップルは本当に美味い。

これを食べたら、内地のスーパーで売っているフィリピン産なんか食べられません。たとえ値段が石垣島の半額、いや4分の1でも絶対に買いません。石垣島愛ですね(笑)

島バナナでもg当たりにしたら、高価なんですが、やっぱり買ってしまう。

そんなクセがついているので、こちらで売っているバナナはフィリピン産ですが、少しでも美味しいのを欲しくて、1本を個包装したやつ、よくあるでしょう、1本100円ってやつ。あれしか買いません。でもあれがモチっとして結構美味しいですよ。

昔は「質より量」って思って食べていたフシがあるけど、年取ったら、いつ死ぬか分からないし、「量より質」に変わりました。

じゃあ、今回の石垣島日記おわり。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

石垣島日記つづき

Dscn5543 

3月22日。川平に久しぶりに行ってびっくりした。

駐車場のあった所に公衆トイレが出来ていた。

Dscn5545 Dscn5546

ただし、洗浄水を出す方法が、今時手押しだったような。

Dscn5547

川平湾の海はこの日もきれいでした。

Dscn5548

観光客も多かった。

Dscn5550

公園の中に出来立て?のトイレもあった。

Dscn5551

川平公園のバス停から。

そのあとは、市街地に戻ってやふぁやふぁさんで夕食をとっておわり。

つづく。

 

 

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

石垣島に到着

Dscn5538

石垣島のお食事処で。初日の夕食のこと。1日目はおわり。

Dscn5539

で、翌日はフサキビーチリゾートへ遊びに行ってきた。海開きは未だであるが、気の早い若者たちは渚で遊んでいる。

夜は実は石垣市民会館で八重高のダンス発表会を見るつもりだったが、なんと満員であきらめた。八重山には大学がない。

だから高校は最高学府といってよい。もっとも、厳密には石垣市立図書館には琉球大学のサテライトがあるし、西表島船浦には地球研の実験・研究施設、網取には東海大学の研究所もある。でもいわゆる一般の学部とかは無い。

ゆえに八重高は人気が高い。

宮古と八重山を合わせると人口は約10万人もいる。もっとくっついていれば、小さな大学の一つも出来るであろうと思うと少し残念である。

で、この日は終わり。

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

かりゆし音楽祭in神戸

おとついの4月1日、ライブに行ってきた。

ライブは久しぶり。場所は三宮、生田神社西側のチ〇ン〇ヨー〇。神戸のライブハウスとして有名で様々なジャンルのライブが開かれる。

この店は僕にとっても本当に久しぶりで、前回はあの「震災」の前。震災って兵庫県民が言うときは「阪神淡路大震災」のこと。

たしか昭和の時代なので、その当時の建物は地震で壊れ、震災後にRC造で再建されている。

しかし、客席数などは同規模かな?

さて、今回のメンバーは上間綾乃さん(三線・Vo)、相澤アリアさん(Vi)、田代浩一さん(D)、国吉亮さん(G)、伊集タツヤさん(G)

の5人。

かつて上間先生の下で三線を教えてもらっていたが、相変わらず素晴らしい唄三味線でした。ヒヤミカチ節もあった。

アリアさんは自分にとって初めてでした。結構、面白い人ですね。タツヤさんはやっぱり真面目?に進行してました。国吉さんは意外と?しっかり者かもしれません。

こーちゃんは少し年取った?でも、ドラムさばきはさすが一流ですね。気持ちい。

ところで、会場はイスとテーブル席なんですが、同じ室の隅っこで喫煙スペースがあるのには驚きでした。

見た時も5人くらいの男女がプカプカ吸っていました。あれでは煙が客席に漂います。

禁煙どころか喫煙室もない現状に「今時、ありなん?」って思いました。

有名なライブハウスだけにとても残念でした。

もう二度とこないでしょうね。

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

八重山から帰ってきました~旅行歴更新

先日、石垣島から本土に帰ってきました。石垣島は25回目です。

今回は離島は無し。

沖縄旅行歴:
「沖縄県全域まとめ」

35th 2019/3/20~3/24 石垣島25・・・・・NEW1

34th 2018/7/27~8/1 石垣島24、黒島3

33th 2017/11/2~11/7 那覇市23、石垣島23

32th 2017/3/17~3/21 石垣島22、竹富島17、小浜島3

31th 2016/9/9~9/19 那覇市22、石垣島21

30th 2015/9/18~9/29 石垣島20、竹富島16

29th 2014/9/5~9/15 石垣島19、西表島(船浮・網取・崎山)8、鳩間島3

28th 2014/7/25~7/28 那覇市21、沖縄市、古宇利島2、海洋博公園

27th 2014/3/14~3/17  石垣島18、竹富島15

26th 2013/9/14~9/23 那覇市20、石垣市17、波照間島4、竹富島14

25th 2013/7/25~7/28 那覇市19、沖縄市

24th 2012/9/13~9/17 那覇市18、石垣島16、竹富島13

23th 2012/7/25~7/30 那覇市17、うるま市、沖縄市

22th 2011/12/22~12/26 那覇市16、読谷村、うるま市、恩納村、久米島1

21th 2011/9/9~9/18 那覇市15、石垣島15、竹富島12、与那国島4、西表島上原・白浜・船浮・大原7

20th 2011/3/18~3/22 那覇市14、石垣島14、竹富島11、波照間島3

19th 2010/12/12~12/14 那覇市13、沖縄市、名護市、古宇利島1、今帰仁村、南城市、糸満市=妻と1st

18th 2010/9/17~9/26 那覇市12、石垣島13、竹富島10、西表島上原・住吉6

17th 2010/3/19~3/23 那覇市11、石垣島12、竹富島9

16th 2009/9/17~9/27 那覇市10、石垣島11、竹富島8、小浜島2、多良間島1

15th 2009/2/27~3/3 那覇市9(首里城、識名園=長男と)、石垣島10、与那国島3、西表島上原5、由布島、波照間島2、竹富島7=長男と2nd

14th 2008/9/12~9/23 那覇市8、漫湖公園、海洋博公園等ツアー、石垣島9、鳩間島2、与那国島2

13th 2008/6/27~6/30 那覇市7、漫湖公園、西原町マリンパーク、宜野湾市コンベンションセンター

12th 2008/2/29~3/4 那覇市6、宮古島1、伊良部島1、下地島1、来間島1、池間島1、大神島1

11th 2007/9/7~9/20 那覇市5、うるま市勝連半島、津堅島1、石垣島8、西表島白浜・船浮4、黒島2

10th 2007/6/22~6/25 那覇市4、名護市、本部、宜野湾市、伊江島1

9th 2007/2/16~2/18 石垣島7、西表島上原・船浦3、竹富島6

8th 2006/12/8~12/11 那覇市3、首里城、識名園、南風原町、知念村、斎場うたき、沖縄市

7th 2006/9/9~9/18 那覇市2、宜野湾市、南風原町、石垣島6、鳩間島1、黒島1

6th 2006/5/12~5/16 石垣島5、波照間島1、竹富島5

5th 2005/9/8~9/14 石垣島4、西表島上原・浦内2、竹富島4=長男と1st

4th 2005/7/1~7/3 那覇市1、北谷、残波岬、沖縄市、平和祈念公園、ひめゆりの塔

3rd 2005/5/19~5/23 石垣島3、与那国島1、竹富島3

2nd 2005/2/19~2/23 石垣島2、竹富島2、西表島上原・浦内1

1st 2004/12/4~12/8 石垣島1、竹富島1、小浜島1

 

久米島=①2011/12/24~12/26(宇江城城跡、畳石、ミーフガー、イーフビーチ等)

伊江島=①2007/6/23~6/24(タッチュー他島全般)

津堅島=①2007/9/8~9/9(トゥマイ浜他島全般)

宮古列島

宮古島=①2008/3/1~3/4

池間島・大神島=①2008/3/3

来間島=①2008/3/2

伊良部島・下地島=①2008/3/1~3/2

多良間島=①2009/9/26 (日帰り多良間島八月踊り初日)

 

その他旅行歴(最近の分のみ):

③和歌山市白浜 2010/11/23

②和歌山県南紀 田辺、中辺路、本宮大社、速玉大社、新宮、那智大社、串本

 2010/7/19~20(妻と)

①和歌山県南紀 串本、太地 2007/5/12~5/13(妻と)

 

五島列島福江島里帰り歴:

⑤2017/7/8~7/14(1人):福江島

④1996/8/10~8/16(家族)

③1974/12/24~12/28(弟と)

②1970/3/25~4/2(父、兄と)

①1965/7月~8月(母、兄弟と夏休み長期滞在)

 

次回からこの旅行記かきます。では。


 

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

やなわらばーの解散報告

びっくりしました。そして、それもありかなと。

そしてそして、自分も年取ったわけやなと。
さきほど知りました。やなわらばーが2020年12月31日で解散すると。
思えば今から15年前の2004年7月15日に初めて「やなわらばー」の姿を見ました。
場所は京都市烏丸御池新風館での屋外のミニライブでした。
とても暑い日で光も差し込んでいたのを思い出します。二人とも可愛かった!
だって、当時21歳やで!
「青い海~青い空~・・・」三線の響き、ギターの音、きれいな唄声、魅せられました。
追っかけるように、二日後は神戸ハーバーランドで、その二日後は名古屋市星が丘での沖縄フェスティバル出演も見ました。その後も数々のライブを見たけど
あの素晴らしい三日間は絶対に忘れませせん。
やなの友達も出来ました。いまどうしているかな?
これから先は二人は別々の道を歩むそうです。でも、きっと友達のままやで。
どぅしぐわぁーに違いないわ。
りおちゃんは子供も出来て育児しながら、好きな音楽も続けてください。石垣島でライブハウス造ってよぉ。造ってどんどんライブで生計立てて(笑)
優ちゃんはこれからもソロで活動か?でもね、大きな声では言えないけど・・・・・女性の幸せもつかんでほしいな~つまり、ニービチもしてほしいなぁ。親ではないけど、親の気持ちにもなるよ、本当に。実はそうゆう人がすでにおるかもしれへんけど。
本当に今までミーファイユーそしてあと少し、ちばりよ~やなわらばー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

音楽(歌)とはメッセージを伝えること

僕は音楽(歌)が好きです。

亡くなった父親によると、僕は幼児のころから例えばトイレの中とかで一人で歌っていたそうです。
何を歌っていたのか聞いてませんけど。
母親は、三味線と踊りをその母親(僕にとっては祖母)から教えてもらったそうですから遺伝?もあるのかと。
でもね、僕は子供ころオルガン教室で挫折してます。すぐに辞めました。
50歳ちょうどのころから三線を始めたのは遅かったですね。でも弾きながら歌うのは心地よいです。
音楽には、楽譜とか、コードとか、音程とかややこしい?のがたくさんあり、教本とかみると頭が痛くなりそうです。
「楽しい」はずの「音楽」なのに、なんでこんなに難しいの?音楽って学問なの?って思いますよね。
でも、そもそも音楽って何でしょうか?
僕が思うに、「音楽って、メッセージ」と思ってます。前にいっぺんブログに書いたかな?
文字で伝えたり、言葉で伝えてもいい。
でも、メロディーとかリズムを添えて「伝える」のが音楽って思うんです。
悲しかったこと、嬉しかったこと、あなたが好きでもいい、そう、メッセージなんですよね。
逆に言えば、伝わらないのは音楽(歌)ではない。
僕はそう思います。
伝わらない音楽(歌)ってなんでしょうか?
例えば、楽器の音はリズム感もあってメロディーも良いが、歌っている人(歌手)の声に問題がある点。
声が小さい、逆にがなり立てているだけの声、ハートが込められていない歌い方、そもそも歌詞にメッセージが無いなど。
一方、歌詞はとても良くてメッセージが込められているのに、音楽(メロディー)だけ聞いて「好きじゃない」と即断してしまうこと。ないでしょうか?
伝えたいメッセージ(歌詞)が最初にあって、それに(持続的に聴いてくれる)メロディーが加われば一番いいですね。この二つは眞に「両輪」ですね。
インストゥルメントの曲は、BGMとしてはいいでしょうが、メッセージが込められていない。
メッセージが無い曲は、聞き終わっても「感動」が無いのです。
聴き終わって、自然と涙が溢れてくる曲は、心の奥底から「感動」が沸き上がっているものです。
ある時、ごくありふれたホテルのロビーで聞いた歌は、歌詞の内容が、生前とても良くしてくれたおばあちゃんとの楽しい思い出とか、亡くなってしまったけど愛しているよとかその辺にごろごろしていることかもしれないけど、なぜか聴き終わって涙が出た自分がいました。
「なんでやろ?なんでこんな歌に感動しているんやろ?」そう思いました。
やはり歌には「メッセージ」が必要なんですね。
極論すれば「メッセージが無い曲は音楽じゃない」
そう思っていつも音楽をきいている自分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

石垣島~ムラプール

Dscn5048さて、明けて2018_07_31はムラプールです。

場所は、マイツバオンです。
といっても、わかりにくい。石中の南と言ったほうが良い。「石中」が分からない人は、もっと勉強すること。
Dscn5049
なんてたって暑い。
Dscn5051
ブルピトゥに選ばれた女性がブル棒を雌雄の綱に差し込みます。
Dscn5056 Dscn5054
アヒャー綱は婦人たちで綱引きします。
Dscn5059
そのあとは、各地区、各種団体による旗頭が舞い、巻き踊りの奉納があった。あの小さな鐘の音が響く。
Dscn5062
どの組も、先頭は若い子、特に女性が多い。神様もそのほうが嬉しいのだろう。
Dscn5067
旗頭はとても背が高い。
Dscn5068 11団体の演技がつづく。
Dscn5077
ツナヌミンと大綱引きのために約200mほど西に移動することに。大綱を男性が中心に持ち上げての移動となった。僕も当然加勢した。担ぐ人も見る人もとても人が多い。道路の両側は見物客が立ち並ぶ。大綱を運ぶ僕の肩が見物客とぶつかりそうになった。
Dscn5076
Dscn5089
旗頭の勢ぞろい。
Dscn5095 Dscn5100 若い女性が抱っこされてます。一年間ご利益があるとされたようですが、担ぐ男性陣の方が喜んでいいる様子です。Dscn5081 Dscn5098 逃げる女性も多い中で、若くてかわいいスカート姿の女性が手を挙げて担がれているケースも。なかなか出来た女性です。
Dscn5079
ツナヌミンは勇壮だった。お顔は見えません。
Dscn5113 ツナヌミンはちょっとした決闘に見えますね、観光客には。
最後に大綱引きでしたが、始まってすぐに無負荷になり、しりもち。
どうやら、雌雄の綱の結び目がほどけたようで、拍子ぬけでした。
ということで、翌日の午前に石垣を飛び立って内地へ。でおわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

四か字オンプール、730の日、ニーロー神

Dscn5022

2018_07_30日記。石垣島のゆーぐれなもーるに、ファッションタウンうえはらという服屋さんがある。手ごろな値段でちゃんとした「かりゆしウェア」が買えるお店である。手ごろというのは訳があって、みんさーおりの上等なもの(数万円)ならみねや工房とかみんさー工芸館などあるが、一万円未満で買えるというもの。
ここで、8000円から9000円のかりゆしウェアを2着買った。
さて、写真であるがこの日は「四ケ字のオンプール」の日であった。実は今回の旅行は、これと明日のムラプールを見るのが目的であった。
四ケ字(しかあざ)とは、登野城、大川、石垣、新川という、市街地にある字(おそらく昔は部落というか村というか)のことである。
オンとは漢字で書くと「御嶽」である。「うたき」とも発音するが、この地方では「オン」と読む。では、プールとは何か?
豊年祭は旧暦6月に稲の収穫祭として行われるが、方言では「プーリィー」とか「プール」という。
つまり、四つの字でそれぞれ行われる豊年祭が「四ケ字オンプール」である。
Dscn5029 登野城においては、午後二時から「天川(あまかわ)オン」にてオンプールがあり、見に行ってきた。
最初には神事が行われるが、そのあとは石垣二中とか八重高郷土芸能部の演技もあり華やかになる。八重高のカラード隊の演技はとても御嶽の環境には合わない現代風だがそれはそれで良い。
Dscn5032
Dscn5038
ちなみに僕は「マミドーマ」が大好きです。
Dscn5042
場所は裁判所のある通りなんですよ。
Dscn5046
で、昼はこれでおわり。
Dscn5047
ところで、この日は「730(ななさんまる)」の日でしたね。
1978年(昭和53年)の7/30に本土並みに交通ルールが改まった日とのこと。
いや、実はその頃は僕は社会人でもあったのですが、このことは覚えてません。いかにその頃は沖縄に興味が無かったか・・・・です。というのも、そのころは沖縄といえば本土復帰して未だ6年で、旅行費用もめちゃくちゃ高くて、テレビに出てくる沖縄旅行は褐色の肌のビキニ姿のおねーさんが誘っているのですが、とてもおいそれと行けたものじゃありませんでした。だから興味がわかなかったのも無理ありません。
夜は、お友達の真澄さんに連れられて宮良に行きました。写真撮影は厳禁なのですが、「ニーロー神」の中のクロマタ(クルマタ)とアカマタが登場します。
アカマタは男の神様でアカウムティ(赤色の顔面)です。
クロマタは女の神様でクルウムティ(黒色の顔面)です。
この歴史を簡単に書きます。
発祥の地は西表島の古見。
後に小浜島、新城島上地に広まり、1,771年明和の大津波によって多大な被害を受けた宮良村(人口1221人の内溺死が1050人)は、当時人口の多かった小浜島から320人が移住し合計491人でやっていくことに。
その時、小浜島のニーロー神の分祀の形をとり宮良にも上述のアカマタ、クロマタがおられるとのこと。
ちなみに「ニーロー」とは「底の知れざる穴の意味で、すなわちニライカナイの海のはるかかなたの国から降臨する神という意味」とのこと。
    以上は、「石垣市史(平成19年3.28)各論編_民俗下 丸正印刷」から引用
で、実際の神様は体も大きくて怖いです。夜なので不気味さが増します。
各家庭を一軒ずつ回ります。家庭は縁側を開放し、お神酒などを用意しておきます。
近づくと大きなドラの音が響きわたり緊張感が高まります。
どの順番に回るかは、神様の周辺にいる役の人に聞くと教えてくれます。先回りすると何軒かを見ることができますが、決して神様の後を追いかけてはいけません。
真澄さんは子供ころ追いかけて行って、「こらー!」と怒られたそうです。
今日はここまで。つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

黒島いこさんばし

Dscn4999いこ桟橋も久しぶり。ちょうど女性が一人で先を歩いていました。あんまりくっつくと変に思われるし・・・微妙な距離感で歩く。

Dscn5000 東屋もある。
Dscn5004 とにかく海は浅く、色はブルー。気持ちいいが暑い。八重山の夏。
Dscn5008 途中。
Dscn5011 これは、どこやったかな?忘れた。言いたかったのは、手すりがボロボロってこと。八重山に多い。
Dscn5013 石垣島へ戻る高速船。
とにかく、黒島って何回来ても、つまり、何にも無い島です。牛さんと共に暮らす島ってことかな?せめて仲本海岸が昔みたいに自由に泳げるならともかく・・・・ってことですね。
つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

久しぶりの黒島へ

Dscn4971

2018年7月29日。
黒島は前回は2007年9月15日に一泊した記録があります。ここは仲本海岸です。以前はいつでも泳げたのですが、その後海難事故があってから、干潮時しか泳げないようで、それを今回ここにきて初めて知りました。満潮時に泳いだ時は、すぐそばをガーラのような大きな魚がすいすい泳いで気持ちよかったのですが。
干潮では、泳ぎにくくてサッパリ面白くなかった。もう二度と来ません。
Dscn4972 ほらね。
Dscn4974 しかも、ここの売店のおねーさんは遊泳許可時間が来ても姿を見せず、ゆうゆうと遅刻。悪びれた様子もない。何回来ても、離島の人はこんな調子の人が多い。
ライフジャケットも無料貸し出しだが、めんどくさそうな応対。Dscn4975Dscn4977
シャワー施設はあるけど、水だけです。まあ、無料だからいい。
Dscn4987 Dscn4988
黒島中学校。お久しぶりです。
Dscn4981 黒島といえば、牛さんですが、これはかわいいヤギさんです。ヒージャーとも。
Dscn4989 黒島展望台のてっぺんの付近見取り図。
Dscn4992 黒島は、本当に平です。
Dscn4998 さて、自転車で「いこ桟橋」へ。続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

石垣島ばっかりでした

Dscn4965

2018年7月28日。これは石垣島のバスターミナル前のホテル。「美ら花」の別館のようですね、そういえば昨年11月には工事中でした。常に新しい施設のできる石垣島。不景気とは別世界かも。
この日は、本土に送るお土産を買いに、ゆらてぃく市場とかスーパーかねひでに行ってきた。パイナップルと島ばなな、マンゴー、黒糖など。
で、夕食はどこも満室で困ったなぁ、と探していたら、「うりずん」という島唄ライブをやっているお店に行くことに。ここも予約でほぼ満席だったが、お店のにーにーが「一人だけなら空いてます。ライブは元ネーネーズの「ヨモチアオイ」が歌いますがいいですか?」と。
僕はネーネーズは知っていたがヨモチさんは知らなかったので「知らない方ですが、OKです」と言って入ることに。
その瞬間、にーにーが苦笑していたが、ヨモチアオイさんを知らないなんて言うんじゃなかったと後悔した。
こうゆうときは、一人旅は得。しかも、ステージの一番前の席。
で、現れた世持葵さんは、めちゃちゅらかーぎではないか。
うちなーじらーではなくて、どちらかというと、ナイチャー顔。地元石垣島出身だそうです。
3ステージ三線も使って唄ってくれました。ミーファイユー。
僕の相席のおじさんは彼女のネーネーズ時代からのファンだそうで、わざわざ東京から来てくれたそう、このライブのために。すごいファンですね。
僕には到底マネ出来ません。
そしてそして、彼女のにーにーがこのお店のマスターだそうで、にーにーは妹の指示?でステージに上がらされて、「涙そうそう」を歌わされました。
にーにー、入店の時、「ヨモチアオイ」を知らない人なんて言ってしまい、ごめんね。
Dscn4966
翌7月29日は黒島へ、続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

石垣島2018_07_27

Dscn4963
2018年7月27日、伊丹を飛び立って石垣島に直行、夕方だったのですぐさま三虎さんにて夕食。これはクルマエビの姿焼き。お酒はもちろん泡盛のカラカラ。
クルマエビは地元崎枝湾産であろう。
Dscn4964
シメは石垣牛のサイコロステーキ定食。持参したマイ三線で数曲歌わせてもらった、ミーファイユー。
ますみさんもみわさんもちゃーがんじゅーやった。
とにかく、あちさいびーん。てぃだかんかん。本土よりも涼しい?この時期であるが日差しは殺人光線?日陰に避難してセーフみたいな。
で、夜は浜崎町のホテルで宿泊。
この日はこれでおわり、続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«八重山に行ってきました