« バス停完成 | トップページ | 八重山日記3 »

2010年3月26日 (金)

八重山日記2

Img_9518 八重山日記続きます。これは昨夜(3/20)に泊まった宿。最近ここが多い。ありがとう。

Img_9521  で、近くの某ホテルにて朝食をいただく。なぜ「某」なのか。実はタダでお呼ばれのご飯なのでハッキリと書けないんですよね。どうせ後でわかるんですけど・・・。とにかく、みーふぁいゆ。

Img_9523 歩いて、離島ターミナルに行き、安栄観光のカウンターにて。日本一早い夏!八重山の海開きBコースのチケットを買う。竹富島までの往復船券にレンタサイクルが付いて1500円は安い。

Img_9524 離島ターミナル内の立て看板。僕はその右の琉装の女性を一目見て上原知子さんと分かったが、なぜここ石垣島にポスターがあるのかすごく気になった。なんのポスターなのか?それは後で。

Img_9526 朝のここはいつも賑やか。午後になると急に静かになるから不思議。

Img_9530 竹富島到着。今回で9回目となる。海開きは初めて。

Img_9537 さて、チャリでコンドイ浜に到着。すでに人は一杯。お天気は怪しい。強風、泳ぐには肌寒い。

Img_9538 海上保安庁の人もいた。警察官もいた。実は海上保安庁の潜水隊数名は始まる前から終わるまで海に潜り、保安に勤めていた。ほんまにごくろうさまである。

Img_9540 浜の最前列では神事が行われていた。すでに人が海に足を着けているが。

Img_9542 テントのペグを保護するものも、さんぴん茶のペットボトルである。さすが八重山である。

Img_9548 神事の様子を見守る?興味だけの人?

Img_9550 ライフセーバー?の人も。ご苦労さまです。くれぐれもお世話にならないように・・・。

Img_9551 開場には歴代ミス八重山の写真パネルが展示されていて人々が見ていた。1980年が初代である。時代を感じさせる。ずっと追っていく。

Img_9557 何げに撮っているが、当然、全く知らない人ばかりである。よくもまあこの狭い八重山の世界でこんなに綺麗な人がいるものと感心するばかり。

さて、左上の平成17年度第26代の三人の中央にミス南十字星の河上美土里さんがいるが、実はこのお母様と翌日一緒にハイキングするとは、このときは全く知らなかった。人生は不思議なものである。

長くなるので、また。

|

« バス停完成 | トップページ | 八重山日記3 »

八重山(竹富島)」カテゴリの記事

コメント

初めまして、こんばんは。いきなりなのですが、このブログを見させていただき凄く知りたい事があり、コメントさせていただきました。
古いブログ2010/3/26の写真、歴代のミス八重山なのですが、第14代ミス八重山の所を撮った写真ってありますでしょうか?

投稿: 高城直弘 | 2016年5月15日 (日) 20時24分

高城さまへ、画像が小さいのですがあることはあります。でも、どうしてその14代といったピンポイントなんでしょうか?事情をお聞かせください。

投稿: かんころ | 2016年5月15日 (日) 21時51分

御返事ありがとうございます。実は西表島に当時、働いていました。車の免許を石垣に取りにいき、その時に知り合ったのがミス八重山星の砂、垣花さんだったのです。その頃お付き合いしてたのですが、大阪に帰る事になり遠距離になることになりお別れしました。色々、検索をするのですが、古いこともあり懐かしいあの顔を見たいなと。

投稿: 高城直弘 | 2016年5月19日 (木) 22時08分

高城様へ、了解しました。14代がいつになるのか良く分りませんが、1994年でしょうか。垣花さんが写っているのがありましたのでブログに載せました。左下の隅っこです。なお、高城さんのお名前を間違えてました。すみません。

投稿: かんころ | 2016年5月20日 (金) 22時38分

ありがとうございます!確認してきます!

投稿: 高城直弘 | 2016年5月24日 (火) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八重山日記2:

« バス停完成 | トップページ | 八重山日記3 »