« 初の奄美 | トップページ | かんころ奄美日記初日のつづき »

2020年1月22日 (水)

かんころ奄美日記続き

Dscn5884奄美大島の笠利崎灯台から海を見下ろす。

Dscn5885 Dscn5890

本当にいい眺めです。

Dscn5892灯台の玄関です。

Dscn5897で、降りていく途中です。階段が現場打コンクリートですね。

Dscn5903今時は、スマートフォンで読み取れるように二次元バーコードまであります。

一昔前なら灯台にこんなのありますか。時代ですね。

Dscn5907近くに、竜宮城にまつわるモニュメントがあります。

Dscn5906公衆便所もあります。

Dscn5908丁寧な注意書きです。

Dscn5909最近サボっていた、トイレの画像。

Dscn5912これまた、丁寧です。

Dscn5914続いて向かった先は奄美パーク。人は少ない。館内の人(コンパニオン風?)が親切でした。

奄美の歴史、三味線を使った島唄のビデオとか。奄美シアターで島の紹介ビデオが上映されて、その中で踊りと歌が沖縄の「とうしんどーい」ににているのがあった。琉球文化は一緒なのだ。そのことをコンパニオンさんにいうとそうなんだと言われ、後にすれ違った時もニッコリ会釈された。本当に奄美の人は人懐っこい。ここの2階食堂で食べたのが・・・・・。

Dscn5916鶏飯です。初めて食べましたがどことなく懐かしい味です。

Dscn5917具材を入れてダシを掛けた。

Dscn5918室内。残念ながらお客さんはあと一人くらい。

Dscn5919

ところで、ここの入館料(奄美の郷)は310円なんですが、田中一村記念美術館と併せると630円だそうだ。

受付の綺麗なお姉さんにその説明を受けたが、僕は田中さんを知らないから興味もなく、奄美の郷だけにした。

後で知ったが、田中一村さんは奄美では有名な人物らしい。しかし、僕は申し訳ないが絵画・彫刻・陶磁器・古美術品等に一切興味が無い人間なのだ。

Dscn5920次に行ったのが、奄美大島紬村。

Dscn5921ここは、さらに輪をかけて人がいなかった。が、「お買い物ですか?見学ですか?」と係の若い女性に聞かれて、買い物だけじゃあるまいし550円を払って入館した。

すると、なんと僕に先ほどの女性がマンツーマンで付いてくれて、大島紬の製作工程を順にすべて説明してくれたのだ。あいさつを「うがみんしょーら」なんて言ってました。

最後はお土産とか奄美大島紬の販売コーナーに案内されました。ここでも上品かつ色っぽいお姉さんに「どうですか?」と勧められましたが、僕はすみませんが物欲がないんですよと言うと、あっさりとどこかへ行かれました。ごめんね。

Dscn5922帰り際入り口をパチリ。

旅行初日からハードに動くがこれもレンタカーがあるから。

つづく

 

|

« 初の奄美 | トップページ | かんころ奄美日記初日のつづき »

奄美大島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初の奄美 | トップページ | かんころ奄美日記初日のつづき »