スポーツ

2017年10月22日 (日)

竹内美雪選手

実は、昨日のマスターズGCレディースを観戦していたとき。

1番ホールの途中、つまり第二打地点のコース横(ボールが飛来することがあるので注意してくださいって危ないところ)で座って見ていたが、第3組でやってきた中にひときわ眼を引く選手が居た。

体にぴったりとしたウェアを着て(このときは雨は降ってなかった)きりっとした美人で、顔立ちは韓国系の目鼻立ちがくっきりし、胸は大きく、お尻の形も良い(どこ見てんねん!)

とにかく背もまあまあで、例えて言えば、3~4年まえの森田理香子選手のようなスタイル。

見るからにコンパクトなスウィングをするゴルフに想像でき、思わず、付いて回ろうかと思ったくらい。

この日は2アンダーからスタートし、終わってみれば6アンダーの5位とのこと。

生まれは神戸市ということで地元ではないか。どうやら日本と韓国のハーフらしい。顔立ちはそのせい?

まあ、個人スポーツであるゴルフに国籍は関係ない。

楽しみな選手が出てきた。これからもがんばってください。ちばりよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴルフ観戦~マスターズレディース

実は、初日と3日目のマスターズレディ-スゴルフトーナメントに行ってきた。

以下は昨日の三日目(10月21日)のことである。

最終組の一つ手前、上田、畑岡、大江のペアに全18ホール付いて回った。付いて回るメリットは、やはり自分の運動にもなること。1箇所にじっと座って全選手の姿を見るのも良いが、それでは体に悪い。

おりしも午前八時半過ぎにはポツポツ雨も降り出し、九時半?以降は本降りに。

それでも全行程が終了したのは幸い。

桃っちは好調で、笑顔も見られた。すぐそばを歩く桃っち。畑岡さん、大江さんも。

大江香織選手は前から感じが良くて好きな一人。なんせ機嫌が悪くてふくれっつらしたのを見たことが無い。桃っちはこれまでは時折ふくれっつらになるが今日は笑顔も。

僕の眼からして、申し訳ないが畑岡選手は将来大スターになるオーラを感じない。

大物になる人は、どこか周囲の人を引き付けそれがオーラだが、彼女は周囲のギャラリーには全く無反応でそそくさと歩き、仏頂面。昨年までアマチュアだった18歳で初々しいはずなのに少々生意気な雰囲気すら漂わせている。

18ホールの途中から僕は一足先に客席スタンド(単管等を組み立てた仮設)に行き、ティー方向からグリーンを見て左手のスタンド最前列に座った。

土曜日の18番スタンドにその時分に行っても座る場所は無いものだが、このときは雨のせいで空席も多かった。

桃っちはグリーンのすぐそばのラフ(1stカットより外側のラフだが芝生の丈は短い)に第二打を落としたが、畑岡選手は左バンカーに落としたのだ。すぐ目の前で僕はずっと見ていたからアララである。

このバンカーショットを畑岡選手が打とうとした時、観客が(僕もいる)仮設スタンドで動き、ドンと音が響いた。その場にいたので分るが誰かがスタンドのベンチをまたいだかだ。

同選手は手を止めて、後ろを見上げ困った顔をした。この様子はカメラも捕らえた(MBS毎日放送)。

さあ、こんどこそはと構えたとき、再びスタンドがドンと響き選手の手が止まった。また同選手は後ろ見上げた。カメラもしかり。放送のアナウンサーは「声でもしたのでしょうか?」と言っていたが、違う。鉄骨の仮設スタンドの上を人が歩いた音だったのだ。

しかし、そこに居合わせた僕が弁護するが、ギャラリーは悪くない。というのも、畑岡選手が居たのはスタンドのすぐ2m位横のバンカー内。スタンドは高さが3mくらいはあって、一番後ろに観客が入場する入口がある。横位置と高さ位置を想像して欲しい。スタンドに居る観客は(最前列を除いて)バンカーに居る選手からは全く見えないし、逆に観客だって選手が見えない。つまり、見えない選手に配慮して足を止めるなんて無理な環境なのだ。

ところが、鉄骨スタンドなので、遠くで歩く音でも選手に響く、そういうことなのだ。

畑岡選手は、多少?キッとした表情だったが、僕に言わせると、あなたが見えていない人が歩いた音だから、そんなことを気にし、手を止めるあなたは器量が小さい人と判断した。そんなことでは大選手になれませんよ。

案の定、この後のバンカーショットはピンに寄らず、ボギーとした。

アナウンサーの発言に無言だった岡本綾子解説者は僕に言わせると見事。

一方、桃っちはアプローチショットがそのままカップに半回転して入りバーディー。

(このため、それまで10アンダーでトップを併走していた二人は、方や11アンダー、方や9アンダーと明暗が分かれた)

この瞬間は会場が大歓声だったが、僕もその1人。思わず声が出るってこのこと。

選手の去り際、右のスタンドからは「桃ちゃん、ナイスバーディー!」の大声が出て、本人もありがとうって返していた。

陰に隠れた大江香織さんだが、あのステディーなプレー、僕は好きです。

会場の帰り際、ミスタードーナツが値引きされて、5個400円だったので買って帰りました。

それ以外に、朝は入口で折りたたみ椅子ももらえて満足でした。のぶたさんありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

ウォーキング

Dscn0880


先日、ウォーキングに行ってきた。一人で。

一工程14km。

Dscn0881


電鉄会社の主催で、参加者情報は、解散した最寄の駅の電光掲示板にでるようだ。

592人もの参加でした。みんなヒマやな~(われながら)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

一人でテニス観戦

Dscn0838


昨日、祝日は一人でテニス観戦を楽しんだ。

場所は、もうおなじみの、ビーンズドーム。

兵庫県の大学と高校のテニスチームが同じコートで戦う異色の団体戦です。

女子の方が華やかなので、期待して観に行きましたよ。

でも、華やかとか程遠い寒さの中、選手も半分以上は黒いタイツ姿。

ミニスカートに見えて、ショートパンツの上にスカートを履いているだけです(どこ見てんねん)。

女子はバックハンドはほぼ100%両手打ち。

そのため、左右に振られると、脚が追いつけなくなり、無理をして打つ選手が多い。

余裕を持ってヒッティングポイントに立ってないので、ライジングボールで打っているのも多い。積極的なライジングでなくて、打たされているから質が低いのだ。

(右利き)男子のフェデラーとかバブリンカのように片手のバックハンドなら、左に振られても、最後はスライディングで追いつき、右脚で踏ん張って右肩を入れて(ここが大切)右腕一本でバコ~ン~とヒットできる。

で、返った右腕の反動を利用して右方向に素早く戻れる。

これが両手打ちだと、左に振られると左脚を伸ばしてオープンスタンスでの返球となりがち。で、打った後、左足からまず右方向に戻さないといけないので一歩遅れるのだ。

これがウンウンと理解できる人はテニスをちゃんとやっている人。

テレビ観戦だけの「にわかテニスファン」にはわかるまい。

現代のスピードテニスだと両手うちはそういった不利さはある。

でも、ジョコみたいに両手打ちのNo.1選手もいるじゃないかという意見もでるだろう。

それは、たぐいまれな脚力と上半身のパワーでカバーしているのだ。

それらが少しでも衰えると短命No.1になるだろう。

実際、過去に長期にわたり素晴らしい実績を残した選手はピート・サンプラスといい、現在のフェデラーといい、シングルハンドプレーヤーである。両手うちのボルグは短い選手生命だった。

Dscn0840

観戦者は仲間と家族だけ。

Dscn0841


ちばりよ~将来のスタープレーヤー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

息子とスキー

 Dscn0837


先週の土曜日は、息子と二人でスキーに行ってきた。去年も行ったけど、今年も。

息子がスイフトを運転して、二時間あまり。

着いたのが、戸倉スノーパーク。ゆっくりと午後券(2000円)で滑った。それでも僕はリフトに18回は乗ったなぁ。

息子は若いから休憩もせず、25から27回は乗っているはず。

一人ではまず、こーへんよなスキー。

ありがとう、息子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

ボレーボレー

先日の週末は、大阪に住む息子が帰ってきた。

「お父さん、ボレーボレーしよか」

「あ、ええで」

と30分くらいやけどボレーボレーをした。

コートを予約しなくてもテニス?が出来る。

まあ、少しは運動になる。

僕は12歳からテニスやっているし、息子はそれ以上子供の時からやっているので「それなり」の腕なのかもしれない。

というのも、近くの道を歩いていく女子高生達が「上手わぁ、あそこの・・・・親子やな!」と言ってくれることもあったから。

僕自身はテニス以外のスポーツは興味無いので、今、世界中の?人が熱狂?しているボールゲーム(サッカー)も全く見いへん、知らへん。

テレビで試合があっても1秒も見いへん。

こちらから言わなくてもテニスの相手をしてくれる息子に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

摩耶山ハイキング

Img_2073 昨日5/4は昔の仲間と一緒にハイキングした。

兵庫県のハイキングメッカ「六甲山系」摩耶山。

朝九時に阪急三宮駅集合。

テクテク歩く・・・新神戸駅、ゲートをくぐって雄滝(おんたき)、雌滝(めんたき)を経て布引貯水池。

ここからハーブ園に入場。以前は入場料が要ったが、今は無料。この写真はそこからのもの。

Img_2079 天狗道を経て、掬星台に到着、一応持っていったカメラで記念撮影。

僕は、写真では沖縄・八重山以外はあまり興味が無いが、友達は「人と一緒の記念撮影」好き。

標高690m。かの有名な「日本三台夜景スポット」なのである。摩耶山の標高は701mほどだが、そこは無線・放送施設に占められている。

お昼時なので見渡したが、大阪湾、神戸港が一望できる。夜景でなかったのが残念だ。

摩耶というのは、なんとなく女性の名前っぽいが、実はそうであり、お釈迦様の夫人の名前とか。初めて知った。

三宮から摩耶山まではいくつかのルートがあるが、約2時間半とある。

しかし、参加者の一人が牛のごとく(失礼)歩くのが遅く、途中でお昼ご飯を食べたり、休憩も多くしたりして到着は午後2時。実に5時間かかった。

この掬星台まではバスもきており、ポピュラーなところのようだ。

下山は、青谷ルート。

ほぼ最短距離で阪急「王子公園駅」まで下る。階段ばかりで脚にこたえる。

そこで解散した。みなさんありがとう。

(おまけ)

Img_2083 新緑の季節は「幼虫の季節」でもある。

登山道の手すりはこのとおり。

Img_2084

小鳥さんよ、はやく全部食べてちょうーだい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

こくさいスポーツ

Img_0598


昨日は午後からテニスを見に。二回目。

こくさいジュニア。でもうまい。

Img_0599

まだ2日目で、平日なので観客はほぼゼロ。

せいぜい、選手の母親とおぼしき人がチラホラ。

将来の金の卵?

Img_0603


この選手、多分、新聞にも載っていた人ですよ。うまいけど、小柄です。

そういえば、最近、石垣島にもテニススクールが出来たそうですね。

今月いくから、見学しようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月31日 (土)

こくさいのスポーツ

Img_0566


今日は、さっきまで県内で行われているこくさいてきなスポーツを見てきました。

別に、親戚とか知人が出場しているわけではなく、単にスポーツを見たかっただけ。

審判の背中に注目。こくさいです。

Img_0567


Boyを見た後、Girlを。18歳以下なのでもう大人に近い。迫力あります。

Img_0557


センターコートはガラガラ。まあ、国際とわいっても、ジュニアですから・・・。見ているのは、保護者か、コーチか、同じクラブ仲間か・・・・。

Img_0556


こくさい試合なので、掲示板も英語だけ。

Img_0571


小柄ですが、パンチあります。

Img_0574


今日見た中で、僕的に一番好きになった子。

なぜかって・・・・・?

とにかく、ニコニコして、走ると揺れる揺れる(笑)

僕、このスポーツ歴40年ありますが、やる女子、ほとんどアレが豊かでありません。

まあ、ミーハーの子では豊かな人いましたが、上手な人になるとまず例外なくペ○ャ○イです。あれって、激しい運動には不向きなんでしょうね?無いほうがスポーツ的には有利かもしれません。外国人には豊かな人いますけど・・・。

Img_0580

日本の選手では貴重な?存在です。

Img_0587


いっときますが、みんなめちゃくちゃ上手ですよ。なんせこくさい試合ですから。

Img_0581

彼女、ぜひ活躍してもらいたいものです。
Img_0575

この子なんか、バックハンドで打つとき、エアケイみたいに飛んでます。


Img_0591

可愛い子、多かったです。

で、またまた言っときますが・・・みなさん上手ですよ。こくさい試合ですからね。

Img_0592


サービスもパワフルです。飛んでます。サンデーおばさんではありません。

いっときますが、僕、真面目に見てましたからね。みんな、どんどん世界で活躍して欲しいです。

Img_0594


会場の外観。

あ~自分も早く肩とヒザを治してスポーツしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

久しぶりのテニス

Img_0227


昨夜は、仕事の後、会社近くのテニスコートでナイターテニスをやりました。

12年ぶりの会社で、久しぶりの仲間と新しい仲間とのテニス。

でも、肩が痛い・・・。60肩ですね(涙)。

しばらく休養が必要ですわ。

ところで、ウインブルドンテニスが盛り上がってますね。

ニシコリケイ選手とクルムダテキミコ選手。すごいですね。親子(母息子)ほどの年齢差がある二人が頑張ってます。

モリタアユミ選手とドイミサキ選手は残念でしたが。

それと、ソエダゴウ選手、ガスケ相手に惜しかった。

今年は、芝生コートで滑って脚を痛めて棄権する選手が続出しました。

でも、芝生が悪いのか、滑るサーフェースに対応の未熟な選手が悪いのか・・・良く分りません。

いつ滑るか、と不安に思うと思い切って走られません。

滑ってもいい、スケーティングして戻るというやリ方は、クレイコートではありますが、芝はやったこと無いのでわかりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)