文化・芸術

2017年5月 6日 (土)

明石囲碁まつり

昨日は明石公園に行ってきました。

Dscn3828


ゴールデンウィークで大賑わい。しかも夏のような日差し。

第5回の囲碁祭りが行われました。

僕は第1回も見たけど、ずっと素朴な手作り感のあるイベントです。

開会挨拶からしてあっさり風です。

実際の対局には参加しませんでしたが、人のを見るだけで面白い。

プロ棋士とシロウトさんの指導碁もしかり。

参加者は、圧倒的に中高年、それも爺さんみたいな人達です。

女性もいるが少数です。それも年配の人。多分、普段ダンナにお付き合いをさせられている人か?

少年少女もいるにはいる。恐らくは爺さんの孫世代?

でも中学生から大学生にかけては全くといってよいほどいない。

そのへんが問題点か。

いかにその世代を呼び込むか。

写真は、オープンニングを彩った、魚住東中学校の吹奏楽部の3年生。可愛かったよ~

でも演奏は、もっと強くテンポ良くいきたかったなぁ。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

囲碁まつり

Img_2085 某市の囲碁まつりに行ってきた。

Img_2086 あいにくの小雨だったが、できた。司会。

Img_2087 めいほく高校の音楽部の皆さんも大変でした。オープニングの吹奏楽部。

Img_2089 プロ棋士による指導面碁。

傘を差しながらよくやります。

Img_2091 関西棋院Y九段による指導碁。

Img_2092 日本棋院G九段による指導碁。

見ていると、特に子供には優しい気持ちで打ってました。甘いといえばそれまでですが、「とっちめてやる」打ち方では「囲碁ギライ」を増やすだけです。「考えさす」打ち方が大切です。

大人の碁を見ていても、プロ棋士が打ったら間髪いれず返している人もいました。もうちょっと考えたら(笑)って思った。

用事があってすぐに帰ったが、来年は参加しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)