旅行・地域

2014年5月23日 (金)

伊豆半島旅行2日目

Img_2128 下田港。いい天気やった。

Img_2133 遊覧船のあるところに寄った。堂が島。

Img_2137 トンボロ現象とな。

Img_2140 地表が陥没し、下の洞窟が見える。

Img_2142 天窓洞というらしい。

近くには加山○三記念館があり、僕は全く関心ないので、ひたすらエンドレスで流れる歌がうるさくてしょうがない。従業員は一日中聞かされるわけでイヤになるでしょうな。お気の毒に・・・。

そういえば、昔、石垣島のヤエヤマヤシ群生地の売店は、アホみたいにずっと夏川○みさんの「涙そ○そ○」を流していた。他に歌しらんのか・・・。

Img_2145 この付近で昼ごはんをとった。

あとはバスに乗って静岡駅に行き、こだま!で帰った。

おわり。もう二度と?伊豆はないやろな。ありがとう伊豆。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

初めての伊豆半島旅行

Img_2103 今月の6日から一泊二日で伊豆半島に行ってきた。

観光会社のツアー。

新幹線+バス。

ココからは富士山も見える・・・・曇ってだめ。

Img_2105 海の近く。

Img_2110 修善寺。こっこの湯。

Img_2113 足湯。いい湯加減だった。

Img_2117 川沿いにてパチリ。

Img_2119 じょうれんの滝。日本百選の滝らしいが、そんなに立派でもなく、何も感動しない。これなら、和歌山の那智の滝とか、西表島のピナイサーラの滝、岡山の神庭の滝のほうがよっぽどマシ。

Img_2122 下田のホテル。

ここで泊まった。

Img_2124 客室のバルコニーからは下田港が見えて良かった。

露天風呂(温泉)からは港から出て行く帆かけ舟も見えた。

この日はこれで終わり。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月29日 (火)

淡路島旅行

先月のことやけど、淡路島に行った。

Img_1840 淡路ハイウェイオアシスにて、子供みたいにパチリ。

Img_1842 実は、観光バスツアー。

震災の記念館にも初めて寄った。平成7年から早19年。

Img_1845 牧場では、こんな乗馬が出来るので子ども達に大人気。

しかし・・・・。

Img_1844 このおっさん、なんやねん。従業員やで。タバコ吸って退屈そう。子ども達が遊ぶところでありえへん。

Img_1847 乳搾り体験も出来る。もちろん有料。しかし、一人一回の制限。時間じゃない。見ていたら、大人しそうな男子が一度お乳を触ってすぐにお母さんのところへ戻ってきた。お母さんは、なんやそれ、ちょっと触っただけやん、もうちょっとやってこい!と言ったが後の祭り。

「一回だけです」と担当者に言われて終わり。

担当者も見ていたなら「もっとしなさい」とか指導するべきでは?と思ったが・・・だっていい料金とるんですよ。

タバコを吸う従業員といい、不親切な従業員といい、淡路島も「観光客に愛される島」を目指すならしっかりと指導をしたほうがいい。

Img_1849 牧場内の施設サイン。

Img_1850 男子トイレのサイン。

Img_1851 女子のサイン。牛で女を表現するのは難しい。人ならスカートを履かせれれば良いが、牛は?ホルスタインのような大きなおっぱいを描けばセクハラっぽい。ここではリボンと花で表現している。

Img_1854 淡路では瓦が有名。

でこの日は終わり。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

小倉へ

昨日は、GW後半初日。

クルマで小倉まで行ってきた。しかも日帰り!

片道480kmほど。ヨメさんの仕事の都合で日帰りしかなく、朝5時半過ぎに出発。

山陽自動車道路をひた走り、関門海峡の橋を渡って九州へ。

ほんまクルマでは久しぶり。よめさんと交代で運転したからええもんの一人じゃ絶対無理。

寄った先はJR小倉駅徒歩1分の料理屋。商店街の中なので、クルマ進入禁止のところでナビは作動しているが行けない。そう、駐車場が無いお店なんです。クルマが近寄れないってことは、お店の「顔」も確認できず、付近のパーキングを探すのに必死。で、車を降りてからお店に行くルートが分らない。

こんなとき、駐車場の無い店の不便さを痛感。

まあ、さておき、店で長男と合流。

食事の後、再びクルマで帰宅。今度は息子を入れて3人なので運転も交代が多くて楽。

吉備SAで晩御飯をとった。帰宅は午後10時半。

出発してから17時間後に帰宅だが、970kmを走り、現地での滞在時間たったの2時間!!

小倉を見物も出来ずとんぼ返りになったのがもったいない。

「せっかくの遠出、せめて一泊できないか」とアレコレ対策を練ったが、無理だった。

それにしても、けなげに走ってくれたスプラッシュ。小型車ながら、どっしりとした走行。

運転者の視点も高く、いい車です。

Img_7724

これは、某SA(サービスエリア)でのひとこま。

ツーリングバイクが多かったですね。中型から大型バイク。ライダーは男ばっか!しかも、結構オジン。つまんない(笑)女はおらへんか?

おった、と思ったら二人乗りの後ろのほう。

日本に女性ライダー増やそうと思ったら、思い切って「自動二輪運転免許『大改革』」するしかない!

たとえば、ゲンチャリの免許とって1年後は、無条件で(実地試験なし・学科試験なし)大型自動二輪免許を与える。料金は500円!くらい!とかね。それで事故起こしても自己責任!

さらに、バイクはどこに置いても駐車違反無し!とか。

「そんなの無茶!」と思ったアナタ。

そのくらいしないと世の中変わりません。

もちろんバイクの値段も下げる。今のは高すぎ!

おっと、話が脱線した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

別府

Img_7616


さて、翌日は別府観光へGO!

と、その前に・・・観光タクシーにするか、観光バスツアーにするかで悩んだ。

バスは別府地獄温泉8箇所巡りで3,600円(約2.5時間コース)/一人。

観光タクシーはほぼ同じ条件で8000円/台。

こっちは3人なのでタクシーを選んだのでした。

最初が、竜巻温泉。40分おきに吹き上げる間欠泉。

と、ここで細かい話ですが、入場料400円/一人必要だったのですなぁ。3人分で1200円。

Img_7622


これは、湯の花を作っているところ。明礬温泉です。

Img_7624

十文字原(じゅうもんじばる)展望台からの眺め。

Img_7626



Img_7628

鬼石坊主地獄。どろどろですな。ここも入場料400円×3人掛かりました。

Img_7630

海地獄。琉酸鉄?の成分らしくまるで海の色なのです。ここも400円/人要。

他に、血の池地獄も行きました。鉄分を含むので赤いのです。ここも400円/人要。

三連休の最終日ということで、観光客も多かったですね。

とまあ、入場料金が(3人で)しめて4800円も掛かりました。運転手さんに渡す8000円と合わせると・・・・12800円でした。

もし観光バスを選んでいれば3600円(各施設入場料金込み)×3=10800円です・・・・・が、運転手さんは親切に説明してくれて、バスが行かないところも案内してくれました。写真も撮ってくれましたしね。

血の池地獄では、タバコを吸って、吐いた息が化学反応する様子も見せてくれました。あんなことはバスのガイドさんはやってくれません。

Img_7634

別府駅に戻って、昼食をとりました。

この後は、特急ソニック号と新幹線で兵庫県に戻りましたよ。

わずか一泊二日の大分県旅行でしたが、充実してました。

僕にとっても久しぶりの九州、そして大分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

大分へ

Img_7582


先日、つまり京都へ行った翌日は大分県への旅行となった。これは、山陽新幹線を走るこだま号。懐かしい500系!ジェット戦闘機の頭のようなデザインが好きでした。

Img_7583


で、岡山駅でのぞみ号に乗り換え。でも、シートは断然のぞみは悪い。

僕が今までで最高のシートは100系でしたね。バブル感あふれるゆったりとした大きなシートでした。

まあ、そんなことはどおでもよく・・。

Img_7585


小倉駅に到着。北九州市市制50周年のドンピシャの日でびっくり。

Img_7587

ここで、日豊本線のソニック号に乗り換え。大分は遠いのだ。

Img_7589


別府に到着。ここで普通電車に乗り換え。

Img_7591


大分駅に到着。

Img_7592


駅ビルの中のレストランで「とり天」定食を食べた。ささみ。

Img_7594


大分駅で見かけたポスター。大分市の観光大使はあの、「さしこ」の指原さんでした。で、大分での用事を済ませ、再び別府に戻る。

Img_7603



ビルの外壁腰付近から温泉が出ていた。さすが、別府。

Img_7604


ビル主は銀行さん。銀行に温泉とな。

Img_7605

別府湾を一望できるホテルにチェックイン。

Img_7607



別府タワーがあるとは知らなかった。なんとなく、通天閣風?登りましたよ。エレベータのドアが開くと目の前に女性がいて間髪をいれず入場料金を請求されました。

Img_7612

旅館に戻り、夕食はふぐづくし。

このあとは、屋上の露天風呂(男湯)につかり、そのあとは途中階にある、室内風呂(岩風呂・時間により男タイムでした)にもつかる。

男湯はどこも空いていたが、聞くと女湯は若い女性が大勢いて、湯船に入りきれなくて脱衣室で待っていたとか。

うーっむ、想像しただけでムンムンですな。

そういえば、翌朝廊下ですれ違った女性も、エレベータで見た人もみんな女性と言えば女子大生風の若さでした。なんで?このホテルは若い女性に人気なの?ってくらい。それとも、温泉ブーム?

で、この日は終了。つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

京都へ

Img_7581


今日は、昔々・・・もうかれこれ20年は前に務めていた職場の同窓会に出席するために京都まで行ってきました。

京都は、タイとタコの街からは遠いのよね~。

写真は東大路通りの某所。

さて、明日の朝は早いのでちょっと皆さんよりは早く抜け出して帰路へ。

地元の駅に着き、夜道を歩いていると、横から女子高生が自転車で来た。すると、「おっちゃ~ん!」

ん?可愛がっている姪っ子じゃありませんか。

小学生のころまでは、一緒にかけっこ、縄跳び、幅跳びとか肩車で遊んであげました。

そのせいか今でも声を掛けてくれる。自分には娘がいないのでとても可愛い存在です。

で、今日は終わり。

明日は遠いところにお出かけなのです・・・・続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

淡路島七福神めぐりの家族旅

Img_7466


昨日、1/3は社会人になっている子ども達も我が家に里帰りしていたので、久しぶりに一家で旅行しました。

行った先は、同じ兵庫県の淡路島。

この島には、なんと七福神の神様が祭られてりるお寺が7つあるのです。

クルマは長男が運転して、午前10時半には八浄寺到着。その後知禅寺、長林寺、護国寺を午前中に巡りました。

南あわじ市では、南あわじロイヤルホテルで中国料理のコース料理で満腹に。

午後は、万福寺、覚住寺、宝生寺。終わったのが午後4時過ぎでした。

長男は近いうちに結婚する予定です。結婚すれば、もう二度と家族4人に旅行は無いでしょう。

それを思うと今回は、貴重なたびでした。

Img_7468_4


子供が小さい頃は、大変でもあり、楽しかった旅行。もうその時間も限られてきました。

子ども達よ、付き合ってくれてありがとう。僕と嫁さんは、出来た子ども達を持ってとても幸せです。

時間がなくて、夕方は駆け足で帰宅。淡路温泉につかれなくて少し残念でした。


追伸:次男は、その日の夜に大阪にバック。長男は、翌日(今日)午後にこれまた大阪にバック。今は寂しくなった我が家です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月17日 (土)

春日若宮おん祭

今日は、奈良市であった、春日若宮おん祭(かすがわかみやおんまつり)を見に行ってきた。

兵庫県の自宅を朝に出発。ほぼ100kmの道のりをクルマで。

奈良市内の自分の住んでいる宿舎に車を止めて(春日大社とか興福寺、東大寺の付近の駐車場は青空でも1000円取られる)、嫁さんと二人で歩く。

実は、このお祭、知らなかったが職場の業者さんに教えてもらって、しかもその人が大名行列に参加すると言うので見に行ったのだ。

春日大社の位置も知らず・・・テクテク歩くとなにやら人だかりが・・・。馬が走る、時代絵巻のような人が行列をしだした。きっとここが春日大社に違いない・・・そのくらいのレベル。

Img_5831

熊野古道を歩く白い大きな傘を被った女性のようないにしえの格好の人。

Img_5836


顔が見えないのが残念。

Img_5837


ちょっと見える?

Img_5838


なんでしょうね?

Img_5841


これまた?

Img_5846


馬に乗りたいな。

Img_5848


女性は絵になりますな~。

Img_5849


近くの母親が娘に「○○ちゃんもそのうち、お姫様になれるように応募しようね、でも綺麗でないと選ばれないよ~」と言っていた。

Img_5852


とても底冷えのする奈良でした。

Img_5854


この子だけが、なぜか、帽子無し。

Img_5857


Img_5858


馬の競争、競馬もあった。

Img_5863


もう少し、じっくりと見たかったが、嫁さんが「寒い、寒い、寒いのいややわ。もうかえろ~。たいくつやわ」と。まだまだこれからクライマックス?という場面で別れた。

このことは夕方のテレビのニュースでも出たので、そんなにビッグなお祭であることを知った次第。

で、歩いて次なる場所へ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月25日 (土)

6/16の日記

Img_4891 16日は東京に出張やった。東京では何も撮らず、京都に着いて、近鉄特急に乗るときのもの。京都~奈良への特急。名阪特急ならともかく、こんな近い距離はどうかと思ったが、夜遅くなると、ついつい乗りたくなった。

Img_4892 乗車券は610円だが、特急券が500円。初めて買うのでわけが分からず適当に買ったら・・・1号車って喫煙車だった。臭くてしょうがないので逃げるように他の車両に移動し、開いている席に座った。車掌はニコニコして許してくれた。今時、やめてよね~、喫煙車両。

Img_4894 この日の朝のうちに買った、奈良交通のICカード「CIーCA」(しーか)ほとんど奈良県民しか知らないと思う。一割のオマケが付いているから買っただけ。

鹿のデザインが、兵庫県人の僕は気に食わないが仕方ない。

| | コメント (0)