沖縄

2017年11月15日 (水)

沖縄へ~久しぶり

11月2日(木)の午後から沖縄に行った。那覇市はなんでも23回目のようやった。

国際通りは前にも増して中国人とおぼしき人達が練り歩き、店員さんも中国語の呼び込み。

もう、決してここは歩く気がしない。

さて、飛行機の便のせいで夜に着いたので、とりあえずどこか沖縄民謡でも聞けるところに行きたいなぁ、でもしっかり食事もしたいし~

「かなぐすく」に行ったが、いきなり「飲み放題」で3000円のコースしかないと言われて絶句。

前は、ゆっくりと選べて出来たのになぁ。金の問題じゃなくて、選択肢を取り上げられたことがショック。それならいいです、と断ると店長が条件をつけて2千円でもいいですよと言ってくれたが、もう気持ちは落ち込んでいたので丁寧にお断りをして後にした。

東町の葵屋に行った。ここでノンビリと食事をしたが、唄三線のサービスが無かった。残念。

せっかく那覇に来たが、以前の思い出が消えて「がっかり名所」?みたいになったことに気づく。

もう、那覇ではもう二度と遊ぶ気がしなくなった。これからは関西から石垣に直行便で行く決意をした。

その晩はホテルに泊まって、翌朝3日に石垣島に飛び立った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

久々の沖縄へ

Dscn3419


今月の9日、沖縄に着いた。一年ぶりである。最近はこのペース。しかし、いったん行くと10日はいる。

これは首里の付近。モノレール(ゆいレール)の延線工事?をやっているようだ。

Dscn3421

ブロック塀に組み込まれた水道メーター。沖縄らしい。

Dscn3422


徐行運転。「歩行者が多いので危険です」とあるが、どこかおかしい。

これは、運転手目線やんか。歩行者が多くてなにが悪い。書くのならば、「歩行者に気をつけましょう」であろう。クルマ社会の沖縄を表すものか。

Dscn3425


牧志駅付近の食事処「あがり花」。この日、唄者の梢さんに教えてもらった。

Dscn3426

国際どおりのビルの3階。狭い階段を登っていくとある。

地元産の食材を使ったものが多い。

Dscn3427


中は小奇麗な感じで、独り者には少々いづらかった。

Dscn3432



焼きてびち。680円。

Dscn3433

あぐー豚ヒレカツ。820円。

味はどちらも良い。カップル、家族などには良さそうな店である。こずぴー教えてくれてありがとう。

この日はこれで終わり。つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月21日 (火)

あいおいで沖縄まつり

Dscn1851


昨日は、兵庫県で沖縄に関連したお祭があり、行ってきた。出店もあり、さーたーあんだぎー、ポーク卵、ひらやーち、オリオンビールあり、エイサーも。

Dscn1853

椅子代わりのビールケースが懐かしい。

県内でこういったイベントは、神戸、尼崎ではまあまああるが、相生では初耳。なんでも初めてらしい。

手作り感ありあり。

Dscn1852


出演者はみなさんアマチュアということで、しかも「歌いなおし」OKのお気軽なもの。

八重山民謡を唄ってます、と言いながら最初の唄が「てぃんさぐぬ花」だったり、

ほぼすべての出演者が「安里屋ゆんた」を唄ったり、有名な沖縄ポップスばっかりだったり。

さらに、「安里屋ゆんた」の最後の歌詞を替え歌で「石垣良いとこ一度はめんそーれ」にはただ苦笑です。

でも、とぅばらーまがあったのには感心しました。

沖縄の唄を歌う女性が「実は一度も沖縄に行ったことがありません」にもビックリしたり。

司会の人が「うちなー方言」と言ったり。

ほかにもおかしな?ことを言っている人もいましたがそれはご愛嬌ってことで。

最後の出演者さんの途中まで観て帰りました。

誤解の無いように言いますが、ぼくはこういったアットホームなイベント、大好きです。

素人感100%の雰囲気とても良かったです。ちいさな地域の相生でペーロンと沖縄のハーリーつながり。

来年以降も続けてください。けっしてプロ化せず(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

那覇空港

那覇空港
今那覇空港です。これから乗り継ぎ石垣へ。ただ、空き時間が長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

沖縄日記7/28~最終日

Img_8090_1

さて、7月28日。この日で沖縄を離れます。

これは久もじ付近です。

Img_8096_1



ちんだみ三線店さんに寄りました。

Img_8099_1

三板を買いました。高級品のクルチです。

これで今回のたびは終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

沖縄日記7/27~古宇利オーシャンタワー、美ら海水族館

Img_8049

さて、古宇利オーシャンタワーの外観です。

Img_8053


最上階はオープンエアーです。鐘が鳴らせます。

Img_8057_1



古宇利大橋から海を見てます。

Img_8059_1




さて、有名な美ら海水族館。二度目なので感激はゼロなんですが、他の観客の感激ぶりを見てます。

Img_8062_1


おきちゃん劇場にひた走り、おきちゃんに水しぶきをかけてもらうサービスのシーンです。

子ども達は大喜びで水を掛けてもらいに集まってました。

Img_8067_1



向こうに見える島は伊江島です。ピョンととがっている山はタッチュー(城山)です。

Img_8072_1


この沖縄海洋博公園はとにかく広いです。

で、続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

沖縄日記7/27 古宇利オーシャンタワー

Img_8019_1


さて、沖縄日記に戻る。

7/27朝、沖縄バスの一日観光バス。

Img_8022_1


古宇利島の「古宇利オーシャンタワー」に入った。ここは去年11月23日にオープンしたらしい。

4年前の12月に来た時は当然無かった施設。

1階は貝殻がいっぱい展示してある。

が、竹富島で生きたタカラ貝を見つけた経験もある僕にとっては感動はない。素通り。

Img_8023_1


でも、興味のある人は一度どうぞ。

Img_8025_1

EVで2Fに登ると、ガラス張りの展望室がある。

Img_8031_1


さらに。上に登ると屋上展望台がある。屋根は無いし、壁も360度とは言わないが北側にあるだけで爽快だ。床も無駄に?広くなく、眼下もよく見える。

しかし、その開放感ゆえに、風はすごい。横風、吹き上げる風があり、女性客のスカートはフレアタイプはめくれ上がるから注意。

大学生風の若い女性(ワンピース)はずっと両手で押さえていたが、カメラ撮影の時は手を離さざるをえず、その瞬間めくれ上がっていた。

古宇利大橋も見える。

Img_8032_1

太陽光発電パネルか、温水パネルらしきものもあった。

Img_8034_1


風景。

Img_8037_1


階段を下りて1階に来た。ドアに注目。仕事柄、フランス落しが扉の面付けになっていることに驚いた。

Img_8038_1


普通は、小口にあるものだが。

これだと、落とし棒を引っ込めて、同時に押すと両扉が開きそうなものだが・・・。

一体、どうなっているのだろうか?

Img_8041_1

 
退館したら、そこは半外部。

Img_8042_1


トイレは、今風の手洗い器。観葉植物がいい。

Img_8044_1

小便器はこんな感じ。

Img_8045


大便器はこう。

Img_8046



小便器の配管バック上に貼っていたシール。「。。。。ませ」がいい。

続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

沖縄日記7/26 三線店にて

Img_8012


さて、7月26日(土)の午後、国際どおり近くの三線店さんに、昨日に続きお邪魔した。

すると、店内で若いかっこいいお兄さんとお店のスタッフさん(女性)が仲良く座って三線弾いていた。そして、それをプロとおぼしきカメラマンが撮影中。他にマネージャーさんらしき人など2人。

僕は分けも分らず、マスターとゆんたく。しかし、空気を感じて(笑)大人しく座って三線も弾かずにいた。

撮影は一時間以上に及び、僕もずっと横で聞く。

かっこいいお兄さんはどうも有名なダンサーかアイドルらしく、途中で来た(知らずにやってきた)お客さんと握手したり。

僕はこのままここにいていいのかな?と思いながらも、マスターも何も言わないのでそこにいる。

総勢6人+関係ない一人(僕)。

結局、後で聞くと、彼のNew音楽CDに収録の1曲を三線で弾く練習と三線に合わせて歌うメイキングDVDの撮影とのこと。このDVDはCDを買うとついてくるものらしい。

歌声もお聴きしたが、高音も伸びる良い声でしたよ。

歳は僕の息子と同年代の26歳。爽やかな好青年であった。

お名前は「み_う_ら だ_い_ち」さん(みは三、うらは浦、だいは大、ちは知)。

最後にみ_う_らさんはお店のマスター、スタッフさん二人と一緒に写真撮影されていた。その一部、ポラロイド写真はお店に色紙と共に貼られたのでファンの人は見てほしい。

いつもは写真大好きな僕であるが、さすがにこの時間帯はカメラも封じていた。

Img_8015



その後は、パレットくもじに行くと、那覇ジャズの夕べ?があり、無料なので聴く。

Img_8018



二組が生のジャズを演奏してくれました。神戸のジャズは有名ですが、那覇で聴くのもいいものです。

このひはこれで終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

沖縄日記7/26~沖縄市へ

Img_7987


さて、朝ホテルを出発して那覇市内を歩く。

Img_7988


那覇バスターミナル。一人旅の僕はバスがメイン。6:45頃に乗車。

Img_7991

乗客は少なく、車内の表示もおかしく?、でも7:33頃1480円を払って下車。沖縄北IC.

この1480円は高すぎで間違っていた。後で判明。東○バスの間違い。

Img_7992



バス停の回り。のぼりも下りも同じ。

Img_7995


ところで、新聞によると、フェリー「よなくに」(石垣港~与那国島)が新しく造船されたそうだ。

以前は4時間半掛かっていたが、これからは3時間50分ですむそうだ。それでも十分長いが。また、スタビライザーがついたので揺れも少なくなるとか。前は、「ゲロ船」と呼ばれていたそう・・・・。

Img_8010

さて、沖縄市での用事も済ませて、岐路に着いた。帰りは沖縄バス。同じ111系統(高速道路使用)であるが、各社が運行しているのが沖縄の現状。

「琉大入口(琉球大学入り口)」を示す車内のディスプレイ。

Img_8011


英語表示。「Ryukyu University iriguchi」

って、ヘンに思いますが。

これで英語圏の人に伝わるのでしょうか?

Ryukyu University は分りますが、「iriguchi」って単にローマ字にしただけやん!

で、那覇に戻り料金は1060円。

あれ?行きと帰りの運賃が全く同じ路線の往復で違う。

沖縄バスと東○バスの営業所に行き、メモを片手に詳細に説明。乗車と下車時間、バス停、乗ったときの乗車券番号をしっかり言えたので良かった。

結果、東○バスが非を認め、420円の返金を受けました。

そのあとは、那覇市内でゆんたく。つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

沖縄旅行7/25 

Img_7981



さて、7月25日(金)、沖縄に行った。

夕方に到着したせいもあり、どこへも行けない。

まずは、三線店。

Img_7982


と、その前に、パレットくもじ前で、若い女性が(宝くじのキャンペーン)レギュラーコーヒーを無料で配っていたのでもらった。けっこう美味かった。

三線店ではスタッフさんが、なにやら新曲?民謡でない曲を練習中。

それは何なのか?

翌日判明したが今日は明かさない。

Img_7984

国際どおりの沖縄ポップスライブ店で。

あぐー豚のスペアリブを注文。

Img_7985




写真とは違う雰囲気でちょっとがっかり。野菜が全くなし。

で、この日は終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧