知念梢

2012年8月 4日 (土)

沖縄市~うるま市~7/26

Img_6851


明けて7月26日(木)。一人旅ですから朝早く那覇市内のホテルを出てバスに乗り、午前10時ごろにはゴヤ停留所到着。歩いてコザの中央アベニューにある「いちゃりば屋」に着いたが、早すぎてどこの店もシャッター下りたまま。

しばらく、うろうろ歩き、コリンザに立ち寄ったが、そこは寂れて寂しいビルになっていた。

いちゃりば屋の前に戻りベンチでしばらく三線を取り出し唄う。通り過ぎる人がちょっと聞いてくれる。お年よりは話しかけてくれる。三線は魔力がある、そう思った。

11時少し前になると、遠くから若い綺麗な女性が歩いてきた。まだ、10mは距離があるのに「かんころさ~ん!」とお声が掛かる。

あれっ、こずぴーや。そう、知念梢さん。

なんで、僕が来ると分ったの?

昨日ね、健琉さん(ちんだみ三線店店主)から電話があって、かんころさんがいちゃりば屋に来るよと教えてくれたの。

あ~そうでしたか、健琉さんありがとうございました。

しばし、お店の中でゆんたくし、安波節を聞いていただいた。

そして、彼女の持ち唄「いめんしょり伊江島」を歌わせていただきました。

こずぴーは結婚して出産して子育て中。ますます色っぽく良い女性になってます。

関西でのライブも期待してますよ。で、土曜日(28日)夜に国立劇場おきなわで、「島唄」コンサートがあり、こずぴーも出演するということでお誘いを受けました。ありがとうございます。

そのうち、三線教室が始まるとのことで生徒さんも集まり、退散しました。

こずぴーとの2ショットはこずぴーのブログにも載ってますから、ここでもオープンでいきましょう。

Img_6857
こずぴー、ブタピースありがとう。いつまでも元気にがんばってね。

で、再びバスに乗って、この日のホテルへ!

Img_6858

うるま市のホテルです。次なる目的地へバスの系統と時刻をホテルのフロントで確認。

Img_6864_3


で、三度目の!バスに乗って栄野比(えのび)公民館へ。

翌日の新人賞の稽古のためです。

Img_6868

玄関ホールから見た中庭、というか広場。いいですね。これ、公民館にしては立派過ぎです。だいぶ早く着いたので一人で自主練習してました。

で、みんな揃ってからステージつきのアリーナのような室で稽古が行われたのでした。これは三線教室のクローズド稽古なので写真はありません。

<この日の教え>

コンクールの前夜は遊ばずに早く寝ましょう。

つづく・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

沖縄日記12/13 その2~名護パイナップルパーク・知念梢さん

Img_3423 さて、朝食はサービスということらしいです、民宿「沖縄時間」さん。パパイヤーその他。

Img_3424 民宿の庭です。わんちゃんが一匹いました。

Img_3426 チェックアウトして、記念に撮って頂きました。ありがとう。

Img_3435 で、二人で名護の海岸を少し歩いてから、やってきました「名護パイナップルパーク」。これはひかげへご。

Img_3437 奄美のひかげへご有名ですけど当然沖縄も八重山もあります。

Img_3438 ここは、パイナップルが試食食べ放題で有名。どこかのケチ?なスーパーと違って、「どうぞ、どうぞ」といくらでも食べさせてくれる。お皿の中身が少なくなると、次々と補充してくれた上に「さあ、どうぞ」とくる。これはたまらん。

Img_3440 レストラン。右のオリオンビールのポスター。見ると、相当古いもの。新しいバージョンもあるやろに、支配人さん、よっぽど気に入っているのか、忘れているのか・・・。嫁さん、いちべつして、「なんで、ビールといえば水着なの?」って疑問。確かに、言われてみると何も水着でしかビールが飲めないということはない。きっと、夏のビーチパーリーのイメージなんでしょうが、昨今はアルコール飲んで遊泳は大変危険ですとなっている。時代に合わなくなってきているのも事実。

Img_3441_2

パークを出た。入り口を撮る。

Img_3446 我々も観光客に違いない。係の人?観光会社の添乗員?の人に撮って貰った。

Img_3447 で、レンタカーに乗ってコザに向かった。しつこく?いちゃりば家に行った。嫁さんは面白くないのか、「少しだけやで」と釘を刺す。

お店は、今度は開いていた。ちょっと見にくいが、写真中央に写る人影がこずぴ~。知念梢さん、今はママさん唄者。直前に電話していたのすぐに気が付いてくれた。

嫁さんを紹介し、しばしゆんたく。こずぴ~は独身の頃よりは少しぽっちゃりとして、いかにも、たんかーの女の子がいる若いママって感じ。前よりも色っぽくなった気がする?

三味線屋さんなので、少し手にとって弾くと、こずぴ~の「いめんしょり伊江島」がしどろもどろになる。やはり本人の前では冷や汗がでる。しっかりと稽古してない自分が情けない。

「汗かいとーで」と冷やかす嫁さん。

「遊びしょんがねー」と少し弾く。(まだ、弾くの?)嫁さんのあきれた視線を受ける。歌詞を二番から歌ってしまった。どうもダメ。すぐにやめた。

ぼくが弾いている間だ、こずぴ~は嫁さんに「沖縄は初めてですか?どうですか沖縄は?」ってな感じで聞いていたようだ。

僕はこずぴ~に子供さんの名前を聞きました。彼女のブログでは「天使ちゃん」ですけどね、やっぱり本名知りたかったし。そしたら偶然、ウチの長男と一字が同じ。少しびっくり。

ほんとはそれ以外にアレコレ聞きたいことあったけど、嫁さんと一緒じゃ無理。ヘンなこと?聞こうものなら後で「なんで、あんなことまで聞く必要あるの?知ってどうするのよ?」と集中砲火を浴びるの間違いなし。名前聞いただけでも「なんで?」やもん。

Img_3448 で、こずぴ~に撮って貰った一枚。ありがとうこずぴ~。あとで嫁さんに「彼女とツーショット撮らなくて良かったの?撮ってあげたのに」って言われた。その時言ってくれ・・・・。

追伸:「梢さん、可愛い人ね。目も大きくてパッチリして」とのことでした。

で、ここを離れ南風原、南城市方面へ。

続く。

| | コメント (0)